通信制高校の学費補助制度

電話での資料請求
3,489
461

通信制高校で受けられる学費補助制度まとめ

喜ぶ学生と家族

通信制高校への入学・転入を検討しているけど、学費の支払いが心配だという方。

たしかに高等学校に通うときには、授業料のほかにも教科書の購入代金やスクーリング費用などたくさんのお金がかかります。しかし、国や学校の補助制度を利用すれば負担をグッと少なくして高校に通うことができますよ。

通信制高校似通う方におすすめの補助制度を紹介します!

国の補助である就学支援金は受給できるの?

高校の学費補助制度といえば「高等学校等就学支援金」ですよね。名前を聞いたことがある人もたくさんいるでしょう。

公立全日制高校だけでしか使えないと思われがちですが、実は通信制高校でも利用することができます。

年収910万円(目安)以下の家庭であれば利用することができるので、たくさんの家庭がこの補助制度を利用して負担を減らしています。

私立高校でも負担を10万円以下にできる

就学支援金は受給できる金額は世帯収入や家庭の状況によって異なりますが、最大で12万円ほど支給されます。

たとえば学費が安い通信制高校ランキング1位の鹿島学園高等学校であれば、もともと20万円程度の授業料から就学支援金12万円が引かれることになるので、実質の負担は8万円程度で済むことになります。

公立高校に無料で通うよりも、サポートが充実した私立高校に補助金を利用して安く通うほうが、お得感は強いです。

通信制高校に通う方におすすめの学費補助制度

就学支援金のほかにも、利用できる補助制度は実はたくさんあります。どの制度も自ら申し込まないと給付金を受け取ることはできないので、自分が使える制度をしっかり確認して授業料の負担を減らしましょう。

各都道府県の私立高校向け学費減免制度

大阪府で行われている「私⽴⾼等学校等の授業料無償化制度」のように、お住いの地域によっては私立高校専用の学費減免制度が用意されています。

たとえば大阪府ではこの制度を利用すると、年収590万円未満の世帯であれば私立高校でも授業料無料で通うことができます。

なお他にも例を挙げると千葉県では最大23万円の支給ですが、東京都では通信制課程に通う生徒は利用できない仕組みになっています。

このように都道府県によって金額は異なりますが、大幅に授業料を安くできる制度です。

各都道府県の奨学給付金

これは非課税世帯・生活保護受給世帯が受給できる奨学給付金です。返済不要な奨学金制度となります。

「学費減免制度」よりも対象は狭くなり支給金額は低くなります。

生活保護受給世帯は52,600円、非課税世帯は38,100円を1毎年受け取ることができます。

この制度は就学支援金や私立高校向け学費減免制度とは異なり、授業料以外の諸費用にも充てることができます。

学び直し支援制度

通信制高校は在籍する生徒のうち約半分が既に成人を迎えているといわれています。新入学する生徒よりも、転入・編入する生徒のほうが多いのが実情です。

しかし就学支援金は在籍期間4年間を過ぎると支給されなくなってしまいます。

都道府県によっては転入・編入の生徒であれば、支援金支給期間をさらに2年伸ばしてくれる補助制度を用意しています。それが「学び直し支援制度」です。

山梨県などで用意されています。

入学金軽減制度

千葉県をはじめ用意されている都道府県は少ないですが、世帯収入によって入学金を無料または一部減額にしてもらえる補助制度です。

私立の通信制高校だと入学金はだいたい5万円前後なので、この制度が利用できれば実質入学金が無料になります。

特待生制度

これは各学校が学費サポート・補助として設けている制度。この制度を設けていない通信制高校もあります。

しかし角川ドワンゴ学園N高等学校など、特待生制度を設けている学校で見事特待生に選ばれれば、世帯収入など関係なく学費を一部もしくは全額免除してもらうことができます!最大の学費補助です。

入学試験の成績次第で特待生を決める学校もあるので、通信制高校だからと受験勉強を怠らずに一生懸命勉強すれば、もしかしたら特待生に選ばれて学費が安くなるかもしれません。

角川ドワンゴ学園N高等学校の生徒
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星4.3
口コミ 3件
入学可能エリア日本全国
最低登校日数(目安)年5日
年間学費(目安)【週5日通学コース】年間86万9,000円【週3日通学コース】年間65万3,000円【週1日通学コース】年間43万7,000円【ネットコース】年間7万3,000円
新入学
4月
転入学
随時
編入学
4月他
角川ドワンゴ学園N高等学校の詳細はこちら

低金利での貸与を受ける選択肢も

ここまで紹介してきたのはすべて給付金を受け取ることができる補助制度。

しかしこれらは世帯収入などの条件が厳しく、該当しない家庭も多いです。

そこでおすすめしたいのは低金利でのローン等の利用です。

国の教育ローン・民間教育ローン

ローンと聞くと不安に思うかもしれませんが、国の教育ローンや通信制高校が提携している教育ローンなら安心。

通常のカードローンやキャッシングよりも安い金利でお金を借りることができます。

返済は高校卒業後から、大学等に進学した場合はその学校を卒業した後からなので、在学中は勉強に集中できるのがメリットです。

各種奨学金制度

こちらは無利子で教育費の貸与を受けることができます。

国や都道府県が運営しているものもあれば、企業などが運営していることもあります。

条件が厳しいものもありますが、こちらも卒業後からの返済なので在学中は思う存分勉強できます。

補助制度を利用すれば学費はどんどん安くなる

「学費が高いから」という理由で行きたい学校を諦める、それは非常に残念なことです。

こちらで紹介した補助制度を使えば、授業料は通常よりもかなり安くすることができます。

通信制高校は通うコースや登校日数によっても授業料が大きく変わるので、授業料が理由でどんな通い方をするか迷ってしまうこともあるでしょう。

そんなときには今一度自分が住んでいる地域の補助制度を確認してみてください。

通信制高校とサポート校、両方通うと学費はいくら?
通信制高校とサポート校、両方入学した場合の学費はいくらなのか。通信制高校だけに通うほうが必ずしも授業料は安く抑えられるのか。実際に人気校の学費を例にあげて紹介!
通信制高校の学費は教育ローンで払える!各社を徹底比較
「通信制高校に通う学費を準備できない…」意外と高い通信制高校の学費…でもご安心ください!通信制高校の学費には教育ローンを利用することができます。今回は主な5つの教育ローンについてご紹介します!
通信制高校も無償化の対象でございます!
通信制高校でも公立高校の無償化や就学支援金などを受けることができますので、なるべく必要な部分の負担を減らしていけるように動いていきましょう!
話題の通信制高校「N高」が通学コース開校!独自の授業に迫る
角川ドワンゴN高等学校が2017年度から通学コースを開校。ここでしか味わえない特別なカリキュラムの全貌を一挙大公開しちゃいます!人とは違う高校生活を送りたい人必見です。
公立と私立の通信制高校の違いを知っておこう!
通信制高校には公立と私立の学校があります。どちらの学校に入学するか迷っている方もたくさんいらっしゃると思います。しかし学校選びの前にまずはそれぞれの学費や教育体制の違いを知っておきましょう。この記事では公立の学校と私立の学校の違いについてお話していきたいと思います。
ルネサンス高校の特別授業に潜入! 在校生にもインタビュー
通信制高校の授業って想像がつかない人も多いはず。そんな皆さんのためにルネサンス高校で大人気の特別授業に潜入し、在校生へインタビューをしてきました!
イラストが上達するコツも伝授!ヒューマンキャンパスの体験授業
ヒューマンキャンパスのイラスト体験授業に参加してきました!絵が一気に上達するコツも教えてもらえて、授業や先生の雰囲気も知ることができる楽しい授業です。
ヒューマンキャンパスのアフレコ体験入学に行ってみた!
声優志望の人必見!ヒューマンキャンパスの体験入学に参加し、アフレコ授業を受けてきました!専門分野に強い通信制高校の授業が体感できます!
大学進学に強い一ツ葉高等学校に突撃!
大学進学に強い通信制高校といえば一ツ葉高等学校。代々木キャンパスでキャンパス長の先生に直接お話を聞いてきました!
飛鳥未来高等学校「夢が見つかる」特別インタビュー
飛鳥未来高等学校は各種専門学校との連携が濃い通信制高校。きっと「あなたらしさ」が実現できること間違いない通信制高校です。学費や評判について先生に直接お話を聞きました!
ルネサンス高等学校のスクーリングの秘密!?
ルネサンス高等学校新宿代々木キャンパスへ、英語担当イシマール先生に会いにいってきました!年3日というスクーリングについて詳しくお伺いします!
第一回鹿島学園特別インタビュー
鹿島学園高等学校の秋葉原キャンパスにおじゃましてきました!
通信制高校のリアルな姿を知ることができます!