通信制高校とサポート校の学費合計

電話での資料請求
3,422
459

通信制高校とサポート校、両方通うと学費はいくら?

通帳見て悩む女性

通信制高校の卒業を勉強や心の問題など、さまざまな面で支援するサポート校。

最近、通信制高校とサポート校に同時入学して高校を卒業する方も増えてきました。サポート校は自由な通学スタイルや、ジャンル豊富な授業などが人気。個別指導を行う学校も多く、人気が出ています。

通信制高校とサポート校の違いについて詳しくはこちら

しかしもちろん、通信制高校だけに通うよりも学費はグンと高くなります。

どのくらいの金額がかかるのでしょうか

サポート校は高等学校ではないので支援金は適用不可

そもそもサポート校は、国から認可されている高等学校ではありません。あくまで塾のような立ち位置です。

そのため、通信制高校に適用される就学支援金などの学費補助は適用されません。授業料が基本的にすべて自身で負担することになります。特待生制度などを用意している学校も、残念ながら少ないのが実情です。

国の教育ローンは利用対象内

サポート校の授業料に就学支援金を適用することはできませんが、国の教育ローンは対象となっているので利用可能です。

しかしサポート校はそもそも授業料の支払いに比較的余裕がある家庭が通う傾向が強いので、実際には、なかなか利用する方はいないようです。

学校によっては分割払いにも対応しており、分割での支払いをする家庭は少なくありません。

通信制高校と両方通うと学費はいくら?

では本題です。通信制高校とサポート校、両方通うと学費は年間いくらくらいになるのでしょうか?

ちなみに通信制高校だけに通う場合、学費が安い通信制高校ランキングにランクインしている授業料が安い学校だと、年間20万円程度、3年間でも60万円ほどで卒業することができます。

世帯年収が約930万円以下なら、ここからさらに就学支援金が引かれる仕組みです。

人気サポート校!KTC中央高等学院に通う場合

今回は人気のサポート校KTC中央高等学院を例にあげて、学費が一年でどのくらいかかるのか見ていきましょう。

KTC中央高等学院は、通信制高校屋久島おおぞら高等学校と提携をしており、入学する際はこの2校でのダブルスクールになります。

屋久島おおぞら高等学校に入学した場合、初年度にかかる費用は以下の通りです。

入学金 50,000円
施設費 50,000円
授業料(年間25単位取得) 250,000円
年間学費合計 350,000円

ここにさらにサポート校の授業料が追加されることになります。

週に1日だけ通うケース

サポート校は登校日数が少ない通信制高校の勉強を支援してくれる場所なので、基本的に週1日以上の登校が推奨されています。

KTC中央高等学院には、毎週土曜日の1日だけ学校へ行くサタデイコースというコースがあります。このコースの授業料は180,000円。

屋久島おおぞら高等学校と合わせると、年間53万円がかかります。想像より安いと感じた人もいるかもしれません。

週に2日だけ通うケース

多くの生徒におすすめできるのが、塾のような気分で週2日通うタイプ。仕事や趣味とも両立できますし、勉強面では週2日も通えば問題なく卒業できる確率が高いです。

不登校だった生徒も、このくらいの日数から徐々に登校に慣れていくことがあります。

KTC中央高等学院のツーデイコースの授業料は240,000円です。

通信制高校と合わせると年間学費59万円になります。

週5日全日制のように通うケース

サポート校の多くが、週5日通えるコースを用意しています。

こうなると一気に学費は高くなり、学費が比較的安めなKTC中央高等学院でも480,000円がかかります。

通信制高校と合計すると…年間83万円です。

さらに週5日通う場合、支払う費用はなかなか授業料だけとはいきません。サポート校では、通信制高校よりも頻繁に遠足や体験学習などのイベントがあります。修学旅行がある学校もあります。

こうした諸費用を考えると、年間100万円ほどを予定しておいたほうがいいでしょう。

登校はせず自宅に先生が来てくれるケース

KTC中央高等学院では行っていませんが、家庭教師のように先生が自宅を訪問するサポートを行ってるサポート校もあります。

この場合も日数によって授業料は大きく変わりますが、週に数日以上来てもらうと年間100万円以上かかることが予想されます。

登校日数が多いなら学費は大して変わらない

通信制高校だけに通う場合でも、週5日通うとなると年間80万円程度が相場になるので、たくさん通学したいのであれば通信制高校だけでも、サポート校とのダブルスクールでも学費はそこまで変わらない結果となりました。

ただし、ダブルスクールは授業料だけでなく行事や友人との付き合いも2倍。できるだけ安い費用で通信制高校を卒業したいなら通信制高校だけの入学がおすすめです。

勉強に不安があるならサポート校でなく塾との併用を検討するのもいいかもしれませんね。

通信制高校とサポート校、両方通うと学費はいくら?
通信制高校とサポート校、両方入学した場合の学費はいくらなのか。通信制高校だけに通うほうが必ずしも授業料は安く抑えられるのか。実際に人気校の学費を例にあげて紹介!
2時間目:教育ローンのメリット・デメリットを詳しく教えて!
教育ローンは、まとまった額を一括で、長期間、低金利で借りることができるのが利点です。年収額で制限される場合があること、元金返済据置にはデメリットもあることも理解しておきましょう。
通信制高校の入学金や授業料ってどんな感じ?
通信制高校において入学金というのは必ずかかるものですが、重要なのは全体的コストをみることです。国の制度を利用しながらなるべくコストを抑えて、生徒さんのやりたいことを尊重できる環境を整えましょう
5時間目:通信制高校のための借り入れ方法まとめ
通信制高校へ通うための資金として、様々な借り入れ、支給制度をあわせて使っていくことがおすすめです。なかでもカードローンは、メインとしてもサブとしても頼りになる借り入れ方法です。
通信制高校の公立と私立それぞれのメリットって?
通信制高校の公立校と私立校ではそれぞれメリットが存在します!しっかりと理解しておけば生徒さんにあった学校が必ず見つかるはずですよ!
ルネサンス高校の特別授業に潜入! 在校生にもインタビュー
通信制高校の授業って想像がつかない人も多いはず。そんな皆さんのためにルネサンス高校で大人気の特別授業に潜入し、在校生へインタビューをしてきました!
イラストが上達するコツも伝授!ヒューマンキャンパスの体験授業
ヒューマンキャンパスのイラスト体験授業に参加してきました!絵が一気に上達するコツも教えてもらえて、授業や先生の雰囲気も知ることができる楽しい授業です。
ヒューマンキャンパスのアフレコ体験入学に行ってみた!
声優志望の人必見!ヒューマンキャンパスの体験入学に参加し、アフレコ授業を受けてきました!専門分野に強い通信制高校の授業が体感できます!
大学進学に強い一ツ葉高等学校に突撃!
大学進学に強い通信制高校といえば一ツ葉高等学校。代々木キャンパスでキャンパス長の先生に直接お話を聞いてきました!
夢が見つかるヒューマンキャンパス特別インタビュー
通信制高校最大手の一つ、ヒューマンキャンパス高等学校の学費や評判について取材してきました。入学事務局の方の説明はとてもわかりやすかったです!
飛鳥未来高等学校「夢が見つかる」特別インタビュー
飛鳥未来高等学校は各種専門学校との連携が濃い通信制高校。きっと「あなたらしさ」が実現できること間違いない通信制高校です。学費や評判について先生に直接お話を聞きました!
ルネサンス高等学校のスクーリングの秘密!?
ルネサンス高等学校新宿代々木キャンパスへ、英語担当イシマール先生に会いにいってきました!年3日というスクーリングについて詳しくお伺いします!
第一回鹿島学園特別インタビュー
鹿島学園高等学校の秋葉原キャンパスにおじゃましてきました!
通信制高校のリアルな姿を知ることができます!