通信制高校の学費はいくらかかる?入学から卒業までの金額を教えます!

電話での資料請求
3,350
449
TOP > 特集 > 通信制高校の学費はいくらかかる?入学から卒業までの金額を教えます!

通信制高校の学費はいくらかかる?入学から卒業までの金額を教えます!

計算機とお金

様々な理由で高校を中退しなくてはならなくなってしまった方はたくさんいらっしゃると思います。

そんなときに考えてみてほしいのが、通信制高校への入学です。

通信制高校は通常の高校よりも費用が安く済み、お金がなくて全日制の学校を卒業できなかったという方も安心して通えるところなんですよ。

学費が安い通信制高校ランキング

その安さを知っていただくために、まずは比較対象となる定時制高校の学費を見てください。

定時制高校で勉強するとどのくらいの学費がかかるの?

高校の校舎

定時制高校の学費の目安は以下の通りです。

公立 私立
高校1年生(1年間の学費) 44万円 116万円
高校2年生(〃) 39万円 84万円
高校3年生(〃) 33万円 87万円 
3年間の合計金額 約116万円 約287万円

公立の方が圧倒的に安いとは言えますが、しかしそれでも費用は高くついてしまっていますね。

アルバイトをしながらお金を払っているという方も多いようですが、しかし高校生が稼げる金額で全額を払っていくのは無理があるといえるでしょう。

奨学金制度はありますが、それを利用するためには条件をある程度クリアしていなければなりませんし、すべての学生がもらえるというわけでもありません。

しかし、だからといって「もう自分は高校に通えないのかな…」なんて思わなくても大丈夫ですよ。

学費に困っているのなら、通信制高校に頼りましょう!

通信制高校ならアルバイトでも通える!

桜と女子高生

一方、通信制高校の費用はどうでしょうか?

公立 私立
高校1年生(1年間の学費) 約4万500円~6万500円 約23万円~26万円
高校2年生(〃) 約4万円~6万円 約21万円
高校3年生(〃) 約4万円~6万円 約21万円
3年間の合計金額 約12万500円~18万500円 約65万円~68万円

全日制高校と比べると、かなり安くなっていますよね!

このように学費が安いというのは、通信制高校の大きな特徴の一つです。

上記の表はあくまでも一部の通信制高校でのデータなので、具体的にどれくらいの金額になるのかは学校によって違ってきてしまいますが、生徒の中にはアルバイトで稼いだお金で通っているという人もいます。

つまりそれだけ費用が安いんです!

さらに多くの通信制高校は時間の融通も利きますから、時間的にも働きながら学校に通うということが可能です。

通信制高校は、なるべく低い金額で高卒の資格を取りたいと思っている方はもちろん、「勉強したいけれど家族に迷惑をかけられない」「自分でお金を払っていかなければならない」という事情を抱えた人にもおすすめの学校ですよ!

お金の問題のせいで学びたいことを学べなかった方、

通信制高校で、やりたいことにもう一度チャレンジしてみませんか?

★おすすめの通信制高校を紹介!★

ヒューマンキャンパス高等学校

ヒューマンキャンパス

ヒューマンキャンパス高等学校なら、高卒の資格取得の勉強だけではなく、ヘアリスト・ネイリスト・トリマー・声優・ゲーム制作などの勉強もできます!勉強したいことがある人にもない人にもおすすめですよ!

⇒無料資料請求はこちら!

飛鳥未来高等学校

飛鳥未来高等学校

飛鳥未来高等学校は奈良県に本校を置く通信制高校ですが、札幌、仙台、池袋、千葉、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡の9つの町にキャンパスがあるのでとっても通いやすい学校です!家の近くの学校を探していたという方におすすめです!

⇒無料資料請求はこちら!

鹿島学園高等学校

鹿島学園高等学校

鹿島学園高等学校は日本全国から入学できる通信制高校です。キャンパスも各地域ごとに置かれているので、地方住みの方でも通いやすいようになっております。また高卒の資格を取る以外にも、大学進学や専門的な勉強もできる学校ですよ!

⇒無料資料請求はこちら!