電話での資料請求
3,472
460
TOP > 通信制高校インタビュー > 第一回鹿島学園特別インタビュー

第一回鹿島学園特別インタビュー

秋葉原キャンパス 羽生先生
鹿島学園は都内でも46キャンパスという数の多さが特徴。
秋葉原キャンパスはサブカルチャー好きな生徒さんが多いんだとか!
鹿島学園高等学校をもっと詳しく

皆さんこんにちは!
「通信制高校プラザ」のライター谷口です。

今日は当サイトでも人気の高い、鹿島学園高等学校の秋葉原キャンパスさんにおじゃまして、
キャンパス内の様子からスクーリング、学費のお話まで詳しく伺って来ました!


<今回お話を伺ったのはこの方!>

羽生 奏さん
秋葉原キャンパス キャンパス長
鹿島学園在籍歴:8年
キャンパス長歴:4年
担当科目:家庭科
23歳の時に一般企業から教師へ転職。
家庭科の授業では、スクーリングや校外学習等の時に、飯盒炊さんをやることもあるんだとか。

まずは鹿島学園高等学校について特色や強みを教えてください!

羽生先生(以下、羽生)「やはりキャンパスの数が多いというところですね。
選択コース等によって多少限られてはしまいますが、数だけで言えば都内では46キャンパスあります。
最近では鹿島朝日高等学校が開校して、こちらは47都道府県どこからでも入学できます。
鹿島学園も鹿島朝日高等学校も同じカシマグループとして、安心して学習出来る環境作りを理念においていますので、全国どこからでも安心して通えるというのが特色であり強みです。」



――都内だけでも46キャンパスというのは凄いですね。各キャンパスには何か違いがありますか?


羽生「例えば秋葉原キャンパスなら、サブカルチャー好きな生徒さんが比較的多いかな?
あと、比較的生徒数が多いキャンパスなので、色んな生徒さんがいて楽しいキャンパスですよ。」


――確かに楽しそうな雰囲気に包まれている教室ですね。これなら楽しく通い続けられる気がしますが、鹿島学園高等学校さんの卒業率が80%以上って本当ですか?


羽生「はい、本当です。当校に来てくれる生徒さんは『卒業するぞ!』って意識が強くて、卒業という明確な目標に向かって真面目に計画たてて実行する子が多いんです」


――周囲の人が皆同じ目的に向かっているとやる気も保ちやすいですよね。 でも、やる気だけではままならないのが世知辛いところ。お次は、学校に通う上で欠かせないコレについて教えてください!


鹿島学園の壁のイラスト

鹿島学園の詳細鹿島学園の資料請求

これだけ環境が良いとやっぱり学費とかお高いのでは・・?

羽生「なるほど(笑)確かに学費の問題は重要ですね。ただ、本当に、その生徒さんの状況次第なので、あくまで一例なのですがこの表に学費のイメージが載っています」


新入学 ※例:高校1年生で30単位取る場合
入学費
50,000円
施設費
24,000円
日本スポーツ振興センター掛け金
252円
通信費
5,000円
単位履修料
210,000円
教科書代
約7,000円
合計
296,252円
転入学 ※例:3年生で14単位履修する場合
入学費
50,000円
施設費
24,000円
日本スポーツ振興センター掛け金
252円
通信費
5,000円
単位履修料
98,000円
教科書代
約7,000円
合計
184,252円

鹿島学園の女性教員羽生先生のアドバイス

1単位取るのに7,000円ぐらいかかるってことですね?

羽生「そうです。他に、週5日通いたいとかアニメの勉強もしたいとかオプションコースを選ばれたり、校外学習活動に参加される時は別で費用がかかります。できるだけ費用の負担を小さくして、自分で働いて自分で学費を払うって生徒さんもちらほらいるんですよ。男の子だと結構建設系のバイトする子も多くて、ニッカポッカ履いたまんまレポート提出しに来てくれたりして、可愛いんです!」


――(可愛いかなぁ…?)ではあまり経済的理由で通えなくなる生徒さんというのは少ないですか?


羽生「そうですね、あまりいないです。どういうコースで、どういう風に単位を履修していくかもご相談していただければ一緒に考えますのでご相談くださいね。」


女性教員羽生先生

鹿島学園の詳細鹿島学園の資料請求

通信制高校のカギ?!「スクーリング」について

――学校環境・学費のことは分かりましたが、通信制高校のカギとなるのはやっぱりスクーリングですよね?鹿島学園のスクーリングではどんなことをするのでしょうか。


羽生「当校では3種類あって、どれでも好きな形で受けられます。
座学型:指定のスクーリング会場で普通に授業を受ける。
行事参加型:学校で行われている行事に参加する。
宿泊型:宿泊施設に泊まりながら課外授業を受ける。
自分に合った方法で受けられるのでスクーリングの参加率はかなり高いですよ!」


――行事参加や宿泊もあるんですね!となるとちょっと心配なのがスクーリングの時や授業の時の喧嘩やいじめなんですが…。


羽生「いえ、当キャンパスではまだ起きたことがないですね。スクーリングも短期集中の単発なので、いじめが相当発生しにくい環境だとは思います。そもそもそういうことが起きないように努めるのが私達の仕事でもありますし。」


――もし万が一なんですが、先生の言うこと聞かないヤンチャな子によってイジメが起きてしまった場合の対策って何かありますか?


羽生「私達職員に相談してもらったら全力で改善に取り組みますし、どうしても、もうこのキャンパスは無理ってなったら、他のキャンパスに移ることも可能です」


――ああ、それは全日制高校では出来ないことですね!通信制高校なら転入・編入が日常茶飯事だから、途中から入ってきてもちっとも浮かないから安心です。
しかし!学校環境・学費・スクーリングの制度と、これだけ良い物が揃っていても不安なのが「勉強についていけるかどうか…」です。


鹿島の目標の紙一覧

学力に不安がある子でも大丈夫ですか?

――私もその昔は週の内3日ぐらいしか学校に行っていない時代がありました。そして、心入れ替えて真面目に学校行こうとしたら授業がすっかり進んでいてついていけなかった思い出があります。不登校などで学力に不安がある子でも大丈夫ですか?


羽生「通信制高校の授業は、全日制課程のように全員一斉で進めるようなものではないから大丈夫だと思います。個人の進捗に合わせた学習も通信制高校の魅力の1つです。」


――私、過去の経験上、先生たちの言う「大丈夫、そんなに難しくないから」は信用しない主義なのですが、実際の難易度はどれぐらいなんですか?


羽生「うーん…。あ、最近やった国語のテストあるからやってみますか?」


――えっ。私、もう、勉強というものをしなくなって10数年経つんですが…。



(数十分後)

――えっ。100点取れた。


羽生「凄いですね!ね?本当にあんまり難しくなかったでしょう?合格基準も100点満点中30点ですし、追試も受けられます。学年1位を決めるためのテストでも、選抜クラスを決めるためのテストでもないのです。皆にちゃんと卒業してもらうためのテストだからあんまり心配しなくて大丈夫ですよ」


――せっ、先生…!


鹿島学園のテスト用紙

鹿島学園の詳細鹿島学園の資料請求

通信制高校の先生ってどんな感じ?

――私もそうなのですが通信制高校に通ったことがない人は、どんな先生がいるのかなというのも大きな心配の一つだと思うのです。例えば、生徒から人気の先生とかいらっしゃいますか?


羽生「パッと真っ先に浮かんだのは、大地先生という先生です。秋葉原キャンパスの先生ではないのですが。明るくて楽しくて面白い先生なんです。」


鹿島学園の一押しの先生


――お写真からすでにかなり面白そうな先生であるのが伝わります(笑)。弟さんはお笑い芸人、ご本人は音楽業界からの転身という経歴もかなり興味ひかれますね。羽生先生は、最初から教師という仕事を目指してらっしゃったのですか?


羽生「いえ、私は新卒で一般企業に入社したのですが、学生から社会人への気持ちの切り替えができずに退職してしまいました。その後、元上司を通じて鹿島学園高等学校の求人情報を知りました。元々人と接することが好きだったので、学校で勤めるのも楽しいかもしれないと思い、23歳のときに”なんとなく入職した”というのが、正直な経緯です。 でも、生徒のみんな・保護者さんと接するうちにいつの間にかこの仕事をとても大切に思うようになりました。」


――先生にも一度挫折経験があるというのは、もしかしたら生徒さんにとっては心強いかもしれませんね。


羽生「自身の経験から、思いがけないところで、一生懸命になれるものが見つかる可能性は誰にでもあると感じたので、”自分の将来像が想像できず進路選択できない”という生徒には、自分の経験を話したりもしています」


――ご自身の経験に基づいた言葉だからこそ、生徒さんの心にも響きやすいのでしょうね。
こんな素敵なお話を伺ったあとで恐縮なのですが、どうしても聞きたい質問があるので伺っても良いでしょうか?


羽生「はい、どうぞ?」

通信制高校にも出会いはあるの?

――あのぉ…。怒らないで聞いて欲しいんですが。通信制高校って、その、いわゆる、出会い的なモノってあるんですか?やっぱり若者こそいっぱい恋愛すべきだと思うんですが、通信制高校じゃ彼氏・彼女を見つけるのは難しいですか?


羽生「そんなことはないですよ(笑)。例えば当キャンパスでは月2回ペースで校外学習を実施しているんですが、それに参加してくれる生徒さん同士でカップルが生まれたり、趣味の合う友達を見つけたりしています」


――ほうほう!良いですね!恋せよ乙女、少年よ恋心を抱けって言いますもんね!(正しくは、大志を抱け、です)。
そしてもう1つの質問、受付においてあったあのぬいぐるみは先生の趣味ですか?


羽生「あのバンビちゃんたちは、秋葉原キャンパスのマスコット的な存在にするために買ってきたんです(笑)」


――ああ、はい、趣味のためではないって一応書いておきますね。一応。


鹿島学園のバンビちゃん

鹿島学園の詳細鹿島学園の資料請求

最後に、羽生先生の熱い想いをお聞きします。

――鹿島学園高等学校秋葉原キャンパスで勤務されていて、嬉しいなと感じる時はどんな時ですか?


羽生「それはやっぱり生徒たちに、ちょっとしたことでも変化が起きた時が1番嬉しいです。よく笑うようになってくれたとか、1人で行動できなかった子が出来るようになったとか。生徒に自己管理出来るようになってもらうことを、秋葉原キャンパスの目標の1つとしているので、1人で行動出来るようになったというのは特に嬉しいんです」


――教育者の醍醐味部分なのでしょうね。その反面で教師という仕事は大変なことも多いかと思いますが、それでも続けていて良かったと思う瞬間はありますか?


羽生「卒業生がたまに、秋葉原に寄ったから顔出してみたよって感じで遊びに来てくれた時は、もうホントに続けていて良かったー!って思います!」


――そういえば入り口のすぐ真ん前に大きなテーブルと椅子がいっぱい並んでいましたね。あそこは生徒さんなら自由に使っていいスペースなんですか?


羽生「はい。大歓迎です!生徒さん同士でおしゃべりしてくれてもいいですし、何か私達に質問などしてくれても構いません」


――では、最後に入学を検討されている生徒さんたちにメッセージがあればお願いします。


羽生「どんな生徒さんでも居心地がいい環境づくりを心がけているので、居場所がないなって感じている生徒さんには是非一度来てみてほしいですね!入学相談など随時受け付けていますのでまずは気軽にお話だけでもどうぞ!」


――羽生先生ありがとうございました!


鹿島学園の先生とライター谷口

編集後記

今回インタビューに答えてくださった羽生先生は、1時間喋っただけで「せんせージュースおごってー」と冗談が言えるくらい話しやすくて気さくな先生でした。
鹿島学園高等学校に入学を検討中の方は、本当に1度お話を伺いに行って欲しいなと思います。

あと、このインタビューを読んでくれた方の中に、羽生先生の元教え子だという方がいらしたら、是非秋葉原にお立ち寄りの際、羽生先生に顔を見せてあげてくださいね。
鹿島学園の詳細鹿島学園の資料請求