進路から選ぶ通信制高校:漫画家・イラストレーター編

電話での資料請求
3,994
460
TOP > 特集 > 進路から選ぶ通信制高校:漫画家・イラストレーター編

進路から選ぶ通信制高校:漫画家・イラストレーター編

今や世界中で大人気のマンガ。
世界観を一から創り出し自分のキャラクターで物語を描き出すことができるマンガは大勢の人達に夢や希望を与えてくれます。
自分もマンガを読むのが好き・絵を描くことが好きという人は多いと思います。
その個性を才能に変えてみませんか?

今回は初心者からマンガ家を目指すことができる通信制高校をご紹介します。

初心者でも漫画が好きなら誰でも歓迎!

絵を描くこと自体が未経験であっても、漫画を描きたい・漫画が好きという気持ちがあれば大丈夫!
漫画を描くための描画技術もストーリーの作り方も基礎からプロに通用する段階まで学ぶことができ、
編集部への漫画の持ち込み指導までプロへの道を徹底的にサポートしてくれます。

漫画を作りためにどんな道具が必要なのか、そして道具を使ってどうやって漫画を描いているのか丁寧に指導してくれるので、
絵を描くこと自体が初めての初心者であってもマンガ・イラストの描き方を実践的に学ぶことができます。

オススメの通信制高校その1:KTC中央高等学院
★週五日/週二日/週一日から登校日を選べるので仕事との両立もしやすい
★実際に働きたい分野の職場を訪問することができる
★審査会などの自分の力を試せるイベントが豊富

通信制高校でも専門学校のように実践的でありながら趣味で絵を描いている人や初心者にもやさしいマンガの授業を受けることができます。
培った知識と技術を活用して将来的に美術大学への入学やマンガ家・イラストレーターとしてデビューすることを目指すことが可能です。

漫画家やイラストレーターになるには資格は要りません。
面白い作品を描いて描いて描きまくることそれだけです!
手塚治虫などの時代に名を残す漫画家も出発点は同じ!
漫画家やイラストレーターとなるために一番必要なものは努力と情熱なのです。
経験や上手さなどは考えないでまずは踏み出してみることが大事なのです。

学校の勉強をしながらでも漫画の描き方を覚えられるの?


授業を受けながら漫画の授業を行っていくことには少し不安があるかもしれませんね。
漫画のことも習いたいけれど勉強もしっかりとしていきたいという人だっていると思います。

全日制の高校だったら漫画の描き方を習いながら勉強していくことは難しいかもしれませんが、
自宅学習が主な授業になる通信制高校の学習方法は自分に合った授業の進め方で勉強をしていくことができるので、
勉強も漫画の描き方もしっかりと学んでいくことが可能です。

学校によっては週五日登校から週一日登校のスタイルを選ぶことができるので、

自分の時間を確保しやすいという所も勉強との両立がしやすいメリットとなっています。

オススメの通信制高校その2:トライ式高等学校
★学校の勉強をしながら漫画を描くための専門的な技術を学べる
★実際のプロで活動している講師から指導を受けられる
★勉強との両立ができるサポート体制が整っている

漫画・イラストコースでのテキストは勉強と漫画の授業をちゃんと両立できるように組まれています。
勉強のテキストも漫画のテキストも内容の充実したテキストを使って課題を提出し、ちゃんと添削も返ってくるので自宅学習でも充実した内容の技術指導を実現しています。

またweb講座を行っている学校もあり、プロの講師による実演授業をオンラインで何回も閲覧できるなどの特典も!
プロの編集者による審査会や、卒業後プロの現場で働くための進路指導などフォローアップもバッチリ。
進路も勉強もしっかりと両立しながら学校生活を送ることができるようになっています。

どうやって漫画家やイラストレーターになれるの?

漫画家・イラストレーターになるには出版社が公募している新人賞などの賞に受賞するのが一番の近道ですが、
いきなり賞を取るようなハードルの高い事に挑まなくても、
通信制高校では出版社との繋がりを活かしてデビューすることができます。

オススメの通信制高校その3:ヒューマンキャンパス高等学校
★初心者からでもプロの講師から丁寧な指導を受けられる
★学んだ技術を活かすための進路をサポートしてくれる
★出版業界との繋がりをつくるイベントも開催

それぞれの学校では出版社と独自のコネクションを持っていて
それを活かしてプロの編集者に作品を見てもらうことができるイベントや進路指導を行っています。

賞での受賞を目指さなくてもプロの編集者に直接作品を見てもらい、
プロの視点からアドバイスをもらったりすることもできますし、
またプロの業界と直に触れ合うことで自分の作品レベルをさらに引き上げることもできます。

更に見てもらった作品に可能性を感じてもらうことができればそのまま担当編集者が付いてデビューへの道が開くこともあります。

現に編集者に作品を見てもらうことによって、デビューのチャンスを掴んだ生徒も多く存在しています。

卒業進路はどうなるの?デビューするチャンスはある?


漫画・イラストレーターコースに通う生徒たちが主に目指すのは漫画家・イラストレーターへの道ですが、
その他にも学校で培ったクリエイティブな能力を活かして漫画家のアシスタント・出版社の編集者として働く生徒もいれば、
美術大学への進学を果たす生徒もいますし、小説家や記者などの文筆業にも進出するケースもあります。

漫画・イラストレーターコースで芸術性を高める授業を受けてきただけに、
卒業後は自身の想像性を活かす進路に進むことが多いようです。
通信制高校では業界との太いパイプを活かして、
プロの世界に触れる機会に立ち会うことができます。

例えばヒューマンキャンパス高等学校の学内で行われる<マンガ合宿>では30社もの大手出版社が新人発掘のため生徒の作品を講評してくれます。

プロ視点のアドバイスをもらうことができるだけでなく、
ここからデビューの道を掴んだ生徒も多数存在し、業界との繋がりを作ることができる画期的なイベントです。

どの学校でもこうして生徒が業界との繋がりを持てるように支援を行っていますし、

こういったイベントを通してデビューのチャンスを掴む生徒も数多く存在します。
漫画家・イラストレーターを目指す生徒に向けて、出版社への持ち込み指導もバッチリ行ってくれるため自分次第で進路を大きく切り拓いていくことができるのです。

学校を途中で通わなくなった人・社会人の人に通いやすい


漫画やイラストを学べる専門コースを設けている学校は、
不登校で長らく学校を休んでいた人や、
中卒/社会人も入学することができるとう学校が多いという特徴もあります。

同じ年代のクラスに馴染むことが苦手だという人や社会人だから学生ばかりの学校の中で浮いてしまわないか不安だという人もいるかもしれませんが、
漫画・イラストの専門コースでは年齢や職業を問わず漫画や絵を描くことが好きな人が集まるので、漫画を通して仲間を作りやすい環境です。

他人と交流を持つことが苦手という人も同じ趣味を持つ人となら、

楽しく話すきっかけを作りやすくなります。
元々漫画好きまたは元から絵を描くことが趣味だという人まで、
好きな漫画やイラストの描き方を学びながら高校の卒業資格を取得することができる学校生活はきっと楽しいものになるに違いありません。

夢と趣味を同じくする仲間とのふれあいはきっと良い刺激を与えてくれるはずです。
漫画が好きというキッカケから充実した学校生活を送れることでしょう。