通信制高校の学費ランキング

電話での資料請求
3,350
449
TOP > 通信制高校ランキング<学費>
総合ランキングへ 学費ランキングへ 登校日数ランキングへ 卒業率ランキングへ

通信制高校ランキング<学費>

通信制高校のなかでも学費が圧倒的に安い学校を紹介。
アルバイトをしながら自分で費用を支払う生徒も!
1位トロフィー
通信制高校私立
鹿島学園高等学校の文化祭
総合ランキングも上位!日本全国から入学可能
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
19万9,000円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.8 詳細はこちら
学校法人安達学園中京高等学校通信制課程の授業
50年の歴史と信頼で卒業を全力サポート
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
年20日
年間学費
詳細を確認
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.2 詳細はこちら
3位トロフィー
通信制高校私立
明聖高等学校の生徒
千葉県初の通信制高校!充実した設備が魅力
入学可能エリア
全国
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
詳細を確認
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.9 詳細はこちら
角川ドワンゴ学園N高等学校の生徒
最先端学習と一流の授業をお得に受講可能!
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
年5日
年間学費
~250,000円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.3 詳細はこちら
5位トロフィー
通信制高校私立
未来高等学校の入り口
全国でも最安な授業料が魅力的!
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
年10日
年間学費
19万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.7 詳細はこちら
ヒューマンキャンパス高等学校の生徒
豊富なオプションなのに年間学費約30万円
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
約29万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.2 詳細はこちら
7位トロフィー
通信制高校私立
相生学院高等学校の女子生徒
スポーツに力を入れながら卒業を目指そう!
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
年7日
年間学費
詳細を確認
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 2.9 詳細はこちら
8位トロフィー
通信制高校私立
ルネサンス高等学校の生徒
多彩な学習スタイルでなりたい自分になれる
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
年5日
年間学費
30万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.8 詳細はこちら
9位トロフィー
通信制高校
第一学院高等学校の生徒
進学も芸能も学べる!年間約30万円で卒業
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
詳細を確認
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.5 詳細はこちら
10位トロフィー
通信制高校私立
飛鳥未来高等学校の生徒
どんなに登校しても学費が一律なので安心!
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
42万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.2 詳細はこちら
進む
このページの通信制高校を
無料で一括資料請求する

通信制高校の学費ランキングをチェック!

通信制高校を選ぶときに重要なことの一つは学費ではないでしょうか。

ただ学費といってもどんなことができるのかでは学校によって多少異なります。

そういったことをきちんと比較して学校を選んだほうが、入学してからの満足度は大きくなるでしょう。

通信制なら学費が安い!

通信制高校は学習スタイルによって学費が異なってきます。

基本的に週に登校する回数が多いほどかかる費用も高くなるという感じです。

しかし、学校によってはいくら登校しても費用が変わらない場合もあるので、勉強に不安があり、わからないことがあったら直接先生に教えてもらいたいという方にオススメです。

最近ですとインターネットを使ってネット授業を受けられるなど、通学しなくても勉強がわかるようなサポートがされている場合が多いです。

就学支援金を使えばもっとお得に通える!

通信制高校では基本的に就学支援金を利用できます。

支給される金額はご家庭の経済状況によって異なるのですが、利用すれば授業料の負担が大幅に減るので、是非とも使いたい制度ですね。

通信制高校選ぶなら私立か公立か

学費の安さで通信制高校を選ぶとしたら第一に公立校を考える方が多いのではないでしょうか。

確かに公立校は学費が安いですが、サポート面は充実していません。

すべて自己責任ですので、わからないところがあっても、自分でわかるようにしなければなりません。

入学しても途中で勉強がわからなくなってしまい、投げ出してしまう場合だってあります。

つまり公立校を選ぶならある程度の学力と根気が必要になってきます。

一方で私立でしたら、わからないところがあったらそれを解決するためのサポートが充実しています。

加えて生徒が卒業して、次の進路までのサポートもきちんとしてくれます。

通信制高校には学費もそこまで高くなく、手厚いサポートが受けられる通信制高校はたくさんあるので、そういった学校を選んだほうが入学してからの満足度は全然違うでしょう。

オプションコースを受講するか?

通信制高校には自分の興味のある専門分野を学ぶことができるオプションコースを開設している学校があります。

理容師や調理師といった就職に直接繋がるものもあるので、将来その業界で働きたいと考えている方にとっては近道といえるでしょう。

また、進学や資格の取得を目指したコースもあるので、自分に必要なものを受けたほうがいいでしょう。

もちろん受講すればそれだけ学費は高くなってしまいますが、本来の費用が安いので、自分のやりたいこと、将来やりたいことのためにと受講される場合が多いようです。その場合は通常の学費に加えて15~30万円ほどかかります。

サポート校とWスクールもアリ

通信制高校は高校卒業資格を取得できますが、それとは別に、通信制高校をサポートする通信制サポート校というものがあります。

主に通信制高校のレポート課題のサポートや、専門分野の学習ができるようになっています。

通信制高校自体が安いので、サポート校にも通って自分のやりたいことを極めるといったこともできます。その場合は通常の学費に加えて40~80万円ほどかかります。

自分にあった学校を選ぼう!

通信制高校を選ぶ際に重要な要素である学費、できることなら安く収めたいですよね。

費用の安さでしたら公立校のほうがいいですが、学校生活に不安があるのでしたらサポート面が充実している私立校のほうがいいでしょう。

また、私立校にはオプションコースやサポート校があるので、自分に必要だと思ったものは受けておいた方がいいと思います。

大切なことは高校卒業資格を取得したあと、卒業資格を取得した後どうするかです。卒業後どうするかといったことを考えた学校選びができるといいですね。

進む
このページの通信制高校を
無料で一括資料請求する
総合ランキングへ 通信制高校ランキング<総合>

通信制高校の中でも総合的に評価できるような高校をピックアップしてランキング形式でご紹介します。自分にあった通信制高校が必ず見つかりますよ!

登校日数ランキングへ 通信制高校ランキング<登校日数>

通信制高校の登校日数ランキング!忙しかったり学校が嫌いだったりするあなたに。

卒業率ランキングへ 通信制高校ランキング<卒業率>

通信制高校の卒業率をランキング形式でご紹介。卒業率がいい学校は進路決定率もいいんです。ランクインした学校にはあなたが卒業できる学校が必ずあるはず!