通信制高校の卒業率ランキング

電話での資料請求
3,213
416
TOP > 通信制高校ランキング<卒業率>
総合ランキングへ 学費ランキングへ 登校日数ランキングへ 卒業率ランキングへ

通信制高校ランキング<卒業率>

卒業率の高い通信制高校をランキング形式でご紹介いたします。
この学校を選べば3年間での卒業間違いなし!
転入した場合も同級生と一緒のタイミングで卒業できます。
1位トロフィー
通信制高校私立
興学社高等学院の女子生徒
卒業率100%!?生徒へのサポートが充実
入学可能エリア
千葉
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
500000円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.2 詳細はこちら
2位トロフィー
サポート校私立
中央高等学院の生徒
誰でも勉強が楽しくなるような授業が魅力
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
64万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.9 詳細はこちら
3位トロフィー
サポート校私立
勉強する女性たち
登校日・時間の自由度が高いから社会人も◎
入学可能エリア
福岡
最低登校日数
年7日
年間学費
-
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.9 詳細はこちら
4位トロフィー
通信制高校私立
ルネサンス高等学校の生徒
Web学習で場所や時間を選ばず学習♪
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
年5日
年間学費
30万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.8 詳細はこちら
5位トロフィー
通信制高校私立
クラーク記念国際高等学校の生徒
コースが充実!週5日登校もできる
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
22万3,000円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.1 詳細はこちら
6位トロフィー
サポート校私立
KTC中央高等学院に入っていく生徒
やりたいことと高校卒業が両立できる
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
詳細を確認
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.8 詳細はこちら
日本航空高等学校 ウィングハイスクールの先生と生徒
学校の柔軟な対応が好評!毎年95%卒業
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
週1日
年間学費
33万6000円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.8 詳細はこちら
8位トロフィー
通信制高校私立
飛鳥未来高等学校の生徒
進路決定率88.5%!自分に合った授業が選べる
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
42万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.2 詳細はこちら
9位トロフィー
通信制高校私立
ぎふ国際高等学校の校舎
臨床心理士がいるから心のケアもバッチリ
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
詳細を確認
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.4 詳細はこちら
10位トロフィー
サポート校高卒認定 予備校私立
外にいるマイン高等学院の生徒
進路サポートが充実!進路決定率85.5%
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
-
年間学費
46万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4 詳細はこちら
進む
このページの通信制高校を
無料で一括資料請求する

通信制高校の卒業率ランキングをチェック

通信制高校に通う理由はさまざまあると思います。

しかし、いかなる通学の事情があっても、「できるだけ早く高校卒業資格がほしい」という部分は共通しているのではないでしょうか。

せっかく通信制高校に通っても、無事に卒業しないと高校卒業資格は得られません。

今回は高校卒業資格を修得するためのサポートが充実している学校を、厳選して10校ランキング形式で紹介します。

卒業率ランキングが大事な理由

全日制では自分から中退を望まない限りほとんどの生徒が卒業していくため、今まで学校選びにおいて卒業できるかどうかを気にかけたことはあまりないかもしれません。

しかし、実は通信制高校は生徒の卒業率が全日制高校よりも低い傾向があります。

勉強をある程度自分でしなければいけないことや、登校日数の少なさにより逆に通うのが面倒になってしまうなど、さまざまな理由があります。

なので、選ぶ時はしっかりと卒業できる環境が整っているか見極めることが非常に大切です。

その判断の根拠として、その通信制高校の実績となる卒業率は非常に重要な観点になるのです。

卒業できなければ入学する意味はない?

「卒業資格が取れないならば通う意味がない」という意見をよく聞くことがあります。

全日制高校ならば途中で退学してしまったとしても、思い出や友人が残るでしょう。

しかし通信制高校は全日制よりも思い出が作りづらく、資格以外に得るものが少ないと考える人も多いです。

現在は通信制高校でも行事やイベントが盛んな学校は多いですし、週3日以上学校に通うようなコースもありますが、やっぱり全日制に比べると高校生活に費やす時間は少ないです。

なかにはスクーリングに参加しないまま中途退学してしまう人もいます。

通信制高校に通う目的は「思い出づくり」よりも「卒業資格取得」という人がほとんどでしょう。だからこそ最短で効率よく卒業資格も取りたいものですね。

卒業できる確率が高い通信制高校の特徴

卒業できる学校の特徴としてよくあげられるのは、とにかく生徒へのサポートがしっかりしていることです。

通信制高校が卒業しづらいのは、登校日数が少ないので自宅学習が進まない人が多いからだといわれています。

そこで大事なのがなるべく学校に登校してもらうことです。学校にさえ行ければ嫌でも勉強が進むという人がほとんどですよね!

卒業率が高い通信制高校は生徒に登校してもらえるようなたくさんの工夫をしています。授業を面白くするための職員教育の充実、担任制の導入、カウンセラーの設置、通いやすい登校形態、支払い続けられる学費などなど、その工夫は本当に多種多様です。

卒業確率の高い学校は生徒へのサポートが充実していて保護者からの信頼も厚いということ。当然、生徒の多くがリタイアしていくような学校よりも通いやすいことになるのです。

学校選びの注意点

卒業できる確率が高いからと言って、両手をあげて「全部オッケー!」というわけではありません。

各学校のホームページに載っている情報はあくまでその学校が調べて発表しているもの。

なかには生徒数自体がそもそも少なく入学が難しい学校や、3年間で卒業できない生徒は転校を勧められるような学校もあります。

卒業の確率だけで見ずに、他にも口コミや評判などからしっかりと学校について調べてみることが大切です。

また、説明会や相談会に行くことも非常に大切なことになります。

気になることは説明会や相談会で聞いてしまって、不安は残さないようにしましょう。

通い続けられる通信制高校=卒業できる通信制高校

通信制高校を選ぶ上で、卒業率が大切なファクターになることと、卒業の確率だけで選ぶことの落とし穴についてご説明いたしました。

後半の注意点を聞いて、疑心暗鬼になってしまうかもしれません。

しかし、卒業の確率の高い通信制高校はいい学校が多いので、ランキングに載っている学校は見に行くことをおすすめします。

最終的には「通い続けられる通信制高校」が「卒業できる通信制高校」であることには間違いありません。

自分との相性も見比べて再確認してみましょう。

進む
このページの通信制高校を
無料で一括資料請求する
総合ランキングへ 通信制高校ランキング<総合>

通信制高校の中でも総合的に評価できるような高校をピックアップしてランキング形式でご紹介します。自分にあった通信制高校が必ず見つかりますよ!

学費ランキングへ 通信制高校ランキング<学費>

学費の安い通信制高校をランキング形式でご紹介。通信制高校は一般的に全日制の私立より安く働きながら通えるので、お金の不安が軽減されます。

登校日数ランキングへ 通信制高校ランキング<登校日数>

通信制高校の登校日数ランキング!忙しかったり学校が嫌いだったりするあなたに。