通信制高校の登校日数ランキング

電話での資料請求
3,350
449
TOP > 通信制高校ランキング<登校日数>
総合ランキングへ 学費ランキングへ 登校日数ランキングへ 卒業率ランキングへ

通信制高校ランキング<登校日数>

通信制高校を登校日数が少ない学校からランキング形式で紹介します!
仕事をしている社会人でも子どもがいる人でも通いやすいです。
1位トロフィー
通信制高校私立
ルネサンス高等学校の生徒
全国から入学可能!登校日数3日で卒業可
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
年5日
年間学費
30万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.8 詳細はこちら
2位トロフィー
通信制高校
第一学院高等学校の生徒
担任制で学習のサポートも充実しています
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
詳細を確認
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.5 詳細はこちら
3位トロフィー
通信制高校私立
NHK学園高等学校のNHKアナウンサー体験
海外在住者向けのコースも!留学生もOK
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
192000円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.2 詳細はこちら
角川ドワンゴ学園N高等学校の生徒
ネット授業が中心!自宅で受験勉強もできる
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
年5日
年間学費
~250,000円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.3 詳細はこちら
5位トロフィー
通信制高校私立
鹿島学園高等学校の文化祭
宿泊なしの集中スクーリングで卒業可能
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
19万9,000円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.8 詳細はこちら
6位トロフィー
通信制高校私立
屋外にいるECC学園高等学校の生徒
単位制だから自分のペースで勉強できる
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
年5日
年間学費
-
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.9 詳細はこちら
北海道芸術高校東京池袋キャンパスの生徒
年1回1週間の登校で卒業できます
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
17万4,000円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.5 詳細はこちら
8位トロフィー
サポート校私立
勉強する女性たち
通学は平日も土日もOK!働きながら通える
入学可能エリア
福岡
最低登校日数
年7日
年間学費
-
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.9 詳細はこちら
ヒューマンキャンパス高等学校の生徒
単位制だから取得済みの単位も引き継げる
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
約29万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.2 詳細はこちら
10位トロフィー
通信制高校私立
あずさ第一高等学校の先生と生徒
登校日数と学習スタイルを選ぶことができる
入学可能エリア
詳細を確認
最低登校日数
詳細を確認
年間学費
24万円
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 2.2 詳細はこちら
進む
このページの通信制高校を
無料で一括資料請求する

通信制高校の登校日数ランキングをチェック

通信制高校を選ぶ理由にはさまざまなものがあります。

学校に通うのが好きじゃない、一回学校をやめてしまった。

窮屈な校則が肌に合わなかった。マイペースで勉強や学習がしたい。

芸能活動や仕事で忙しい、他に時間を使いたいことがある。

海外に住んでいる、留学に時間を使いたい……などなど。

そんなさまざまな理由で通信制高校を選ぼうと思ったとき、極力学校に通う日数が少なく卒業したいと考える方も多いのではないでしょうか。

通学日数が少ない通信制高校でも勉強に不安になりすぎずに

登校日数が少ないと、勉強の遅れなどが出たときに不安かもしれません。

しかし、いくら通学日数が少なくとも、通信制高校は資料で勉強したりwebで勉強したりできます。

何度でも自分で勉強することが可能な点で、全日制のように授業において行かれてしまう、ということは心配しなくても大丈夫でしょう。

しかし、通信制高校の場合は自分で律して勉強をしなければならないので、自己管理が難しいということもあるとは思います。

そんなときでも、通信制高校校での勉強のサポートが充実しているところが多いので、調べてみてください。

レポート提出などで高校卒業資格が取れるので時間がなくても安心

勉強部分での心配をしすぎないように、という話をしました。

自分で勉強するったって……そもそも時間がないから通信制高校にするのに……というふうに思われる方もいらっしゃると思います。

肝心の自宅学習の時間ですが、こちらも通信制高校によるのでしっかりと調べることをおすすめします。

レポートを提出するだけで基本的な勉強は済んでしまった、という通信制高校もあれば、時間をたくさん取らないとたまの授業についていけなくなってしまう、という通信制高校もあります。

どんな形式でどれくらいの勉強量で足りるのか、通信制高校の説明会等で聞いておくといいでしょう。

登校日数ランキングで紹介した学校でも学校生活は楽しめる

通学日数が少ない、といっても、今回のランキングは「最低登校日数が少ない通信制高校ランキング」なので、学校に行きたくても全然行けない!なんてことはあまりないのでご安心ください。

友達とともに学校生活を過ごすことが可能です。

また、少ない登校日だからこそ楽しい学校生活を送りたいと思われる方も多いと思います。

そんな方は、お目当ての通信制高校の体験学習などの充実なども調べてみるのがおすすめです。

各通信制高校独自のカリキュラムで、ダンスや乗馬、たこ焼きパーティーなど、楽しい登校日が用意されている場合もあるので調べてみましょう。

通信制高校のスクーリングの日や開講日を調べておこう

登校日数が少なくても、自分が行ける日に開講していなかったら授業が受けられません。

通信制高校の登校日は基本的に土曜日に設定されています。

普段から土曜日が開いている人なら通うことができますが、サービス業で働いている方など、休みが不定期の方、学校以外の生活が忙しい方だと通うのが難しいことがあるかもしれません。

なので、通信制高校の登校日数の他に、いつ登校日が設定されているかも確認しておきましょう。

基本的に土曜日に開講されている通信制高校でも相談次第で平日に登校できる場合が多いので、自分が行きたいところに日程が合わなかったら相談してみましょう。

開校されている時間も調べておくことも大切

忙しい方ならば、どれくらいの時間まで校舎が開いているのかの確認も大切です。

子育て中の主婦の方など家で落ち着いて勉強できない方や、昼間が忙しいため時間がある夜でも家でだらけてしまって勉強できないという方もいらっしゃいますよね。

家で落ち着いて勉強できる環境が整っていない場合だと、勉強する場所の確保だけで手間やお金がかかってしまうことがあると思います。

そんな方には、夜まで開校されている通信制高校がおすすめです。

夜まで開いている校舎だと、自分の生活時間に合わせて学校で勉強できるため、設備が整っていることは当然ですし、いつでも気軽に先生に質問することができるのが魅力です。

進む
このページの通信制高校を
無料で一括資料請求する
総合ランキングへ 通信制高校ランキング<総合>

通信制高校の中でも総合的に評価できるような高校をピックアップしてランキング形式でご紹介します。自分にあった通信制高校が必ず見つかりますよ!

学費ランキングへ 通信制高校ランキング<学費>

学費の安い通信制高校をランキング形式でご紹介。通信制高校は一般的に全日制の私立より安く働きながら通えるので、お金の不安が軽減されます。

卒業率ランキングへ 通信制高校ランキング<卒業率>

通信制高校の卒業率をランキング形式でご紹介。卒業率がいい学校は進路決定率もいいんです。ランクインした学校にはあなたが卒業できる学校が必ずあるはず!