愛知産業大学工業高等学校の学費や口コミ・評判詳細

電話での資料請求
3,489
461
TOP > 通信制高校 > 愛知産業大学工業高等学校

通信制高校私立
愛知産業大学工業高等学校のスポーツ風景
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星3
口コミ 6件
入学可能エリア愛知、岐阜
最低登校日数(目安)年15日
年間学費(目安)-
新入学
学校に確認
転入学
随時
編入学
4月、10月

愛知産業大学工業高等学校の口コミ一覧

総合評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.0 口コミ6
(2017/12/17更新)
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
私も今この学校に通学しているものです。 この学校の就職率はかなり良いです、先生たちは進路…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
授業料はとにかく抑えなければならなかったので、愛知産業大学工業高等学校の学費が安くて大変…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
愛知産業大学工業高等学校はレポートでの課題なので健康上の理由で、学校に通うことができなく…
高校の口コミ評判一覧 高校の口コミ評判を書く

愛知産業大学工業高等学校の学校紹介

愛知産業大学工業高等学校の授業愛知産業大学工業高等学校は名古屋市にある私立学校で、電気科・電子化・機械科の3つの学科から構成されており、資格の取得や大学進学などで様々な実績を残している学校です。愛知産業大学工業高等学校の大きな特徴の一つとして、工業高校でありながら高い大学進学実績を誇っている点を挙げることができます。専門学科はもちろん普通科の科目にも力を入れており、名古屋市内の私立大学を中心に多くの大学進学実績があります。姉妹校提携を結んでいる大学もあり、姉妹校提携校であれば入試の際に優遇制度を利用できるというメリットもあります。また愛知産業大学工業高等学校では工業関係の資格取得のためのサポートも充実しています。就職試験や実際の仕事現場で役に立つ資格の習得を支援しており、第3種電気主任技術者資格や基本情報技術者資格、ITパスポートなどの有名な国家資格の取得にも力を入れており、実際に多くの生徒が資格を取得しているのです。学習以外の面では、部活動が活発に行われており、マーチングバンド部や野球部、バスケットボール部などが度々大会で好成績を残しています。学業面はもちろん、部活動も力を入れて取り組んでおり、文武両道であると言えますね。愛知産業大学工業高等学校は私立学校ということもあり、学校の内の施設は充実しており、快適な環境で学校生活を送ることができます。全室エアコンが完備されていますし、図書館の蔵書も充実しているので、環境としては申し分ないと言えるでしょう。愛知産業大学工業高等学校ならば充実した高校生活を送ることができます。

参考:http://asu-tchs.jp/

愛知産業大学工業高等学校基本情報

所在地 〒460-0016 愛知県名古屋市中区橘1丁目21−26
入学可能エリア 愛知、岐阜
スクーリング(通学) あり
制服 あり
部活動 あり
学科・コース 平日コース、日曜コース、通学コース、個別対応コース
卒業生の進路状況 名古屋市立大学、名城大学、中京大学、愛知淑徳大学、中部大学、愛知産業大学、愛知学院大学、名古屋学院大学ほか

愛知産業大学工業高等学校の学費

入学金 20000円
施設設備費(年間) -
教育関連諸費 (年間) -
教科学習費 -
スクーリング費 -
1単位当たりの授業料 9000円/単位
年間学費(目安) -

愛知産業大学工業高等学校の募集要項

新入学
出願資格 4月、10月
入学時期 -
検定料 6000円
出願書類 入学願書、調査書、担任意見書、写真4枚、入学選考料
選考方法 書類審査、作文、面接
合否発表 -
入学手続き -
転入学
出願資格 現在、他の高等学校に在籍している者。(休学中の生徒も含みます。)
入学時期 随時
検定料 6000円
出願書類 入学願書、履修および成績単位取得証明書、転学紹介、写真4枚、入学選考料
選考方法 書類審査、作文、面接
合否発表 -
入学手続き -
編入学
出願資格 他の高等学校に入学したが、既に退学した者。
入学時期 4月、10月
検定料 6000円
出願書類 入学願書、履修および成績単位取得証明書、写真4枚、入学選考料
選考方法 書類審査、作文、面接
合否発表 -
入学手続き -

愛知産業大学工業高等学校へのアクセス

アクセス 地下鉄名城線東別院駅下車 徒歩5分
住所 〒460-0016 愛知県名古屋市中区橘一丁目21番25号
最寄駅 地下鉄名城線東別院駅
愛知産業大学工業高等学校
通信制高校の4ない
通信制高校は前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます
高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。
「単位制」の学校だから年間必要単位や出席日数という概念がありません
働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。
インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。
通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。
通信制高校の学費計算
通信制高校の平均学費は年間20~30万円くらいです。
これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。しかし、国が支給している「就学支援金」を受ければ、公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。
みんなが資料請求している学校はこちら