飛鳥未来きずな高等学校の学費や口コミ・評判詳細

電話での資料請求
3,871
461
TOP > 通信制高校 > 飛鳥未来きずな高等学校

通信制高校私立
飛鳥未来きずな高等学校の生徒
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星4.5
口コミ 2件
入学可能エリア全国
最低登校日数(目安)年20日程度
年間学費(目安)32万円
新入学
4月・10月
転入学
随時
編入学
随時
10月・11月
\ 転入・新入学生 募集中 /
進む
飛鳥未来きずな高等学校に
無料で資料請求

飛鳥未来きずな高等学校の口コミ一覧

総合評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.5 口コミ2
(2018/12/14更新)
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
いじめの少なさや、進学率はまだ入学したばかりで分からないなので星5とはできませんが特に問…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
校舎がとてもきれい!! 先日学校に行ってみましたが、新しくできた学校なだけあり、校舎がと…
高校の口コミ評判一覧 高校の口コミ評判を書く

飛鳥未来きずな高等学校の学校紹介

飛鳥未来きずな高等学校は全国9箇所の主要都市にスクーリング会場がある、全国から通える通信制高校。通信制高校のなかでも評判が高い飛鳥未来高等学校の姉妹校です。運営しているのは多数の専門学校を経営している三幸学園。そのため高校に在学しながら専門学校の授業を体験できたり、優先的に進学できたりします。大学・短期大学もグループ内にあるので、専門学校以外の進路にも有利です!

また飛鳥未来きずな高等学校の担任の先生は全員カウンセリングの資格を持っているので、いつでも悩みなどを相談することができます。姉妹校である飛鳥未来高等学校は通信制高校プラザの登録校のなかでも、卒業率が高いとの口コミが多い高校です。そんな学校が姉妹校ということもあって安心して通うことができますよ。

飛鳥未来きずな高等学校の強みは何より、高校生のうちからトライアルレッスンという形で専門学校の授業が受けられること。女子生徒に人気のメイクやファッションの講座から、就職に役立つ医療事務の講座など幅広いジャンルから自分が興味を持てる内容を選ぶことができるので、はじめはやりたいことが見つからなくても大丈夫。趣味のように受けられるダンスや、とりあえず資格を取っておこうかな、という生徒に向けた英検や秘書検定の講座もありますよ。

学校への通い方は2つのスタイルから選べます。自由登校制では年間20日程度の登校で卒業が可能ですが、クラス制では週1日暮らすのHRに参加し、友達をつくったり行事に積極的に参加したりできるので、自分の生活に合わせて選んでください。

参考:http://www.sanko.ac.jp/asuka-kizuna/

飛鳥未来きずな高等学校基本情報

所在地 札幌キャンパス
〒060-0001
北海道札幌市中央区北一条西19-1-6

登米本校
〒987-0331
宮城県登米市米山町中津山字筒場埣215

お茶の水キャンパス
〒113-0033
東京都文京区本郷3-40-7-1F

立川キャンパス
〒190-0012
東京都立川市曙町2-18-15

大宮キャンパス
〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-197-1

小田原キャンパス
〒250-0045
神奈川県小田原市城山4-5-1

名古屋キャンパス
〒451-0042
愛知県名古屋市西区那古野2-12-16-2F

神戸キャンパス
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通4-7-32 6階

沖縄キャンパス
〒900-0012
沖縄県那覇市泊1-38-1
入学可能エリア 全国
スクーリング(通学) あり
制服 あり
部活動 あり
学科・コース ベーシックコース、スタンダードコース
卒業生の進路状況 学校に確認

飛鳥未来きずな高等学校の学費

入学金 10,000円
施設設備費(年間) 60,000円
教育関連諸費 (年間) 約30,000円
教科学習費 -
スクーリング費 -
1単位当たりの授業料 8,000円(1単位)
年間学費(目安) 32万円

飛鳥未来きずな高等学校の学費についてもっと詳しく!

飛鳥未来きずな高等学校の新入学時における初年度学費は約32万4千円。私立の通信制高校の相場と比べてもあまり高くなく、比較的通いやすい学校だといえます。なお、登校日数が年20日程度のベーシックコースは10万円、週に1回必ず学校に通うスタンドコースは18万円の補習費がかかるので、注意してください。

しかし学費が安いからといって登校日数が少ないコースにすればいいのかというと、そうではないのが通信制高校の難しいところ。学校に行かずに自宅学習だけできちんとレポートを進められる生徒もいれば、学校に行って仲間や先生と一緒じゃないとなかなか勉強ができない生徒もいます。自分に合ったコースを選択しないと、結局単位が取得できずに予定よりも長い間通信制高校に在籍しなければならなくなってしまいます。自分がいちばん早く卒業できるような通い方を選択することが大切です。

なお、飛鳥未来きずな高等学校には文化祭をはじめ楽しい行事がたくさんあります!バーベキューや夢の国への遠足など、学校に通ううちにきっと行きたくなってくる行事だらけですが、参加は自由なので別途費用がかかることもあります。また、専門課程の授業をトライアルレッスンとして受ける場合には教材費などが学費に追加でかかる場合もあるので、支払いに不安がある場合には注意してください。

飛鳥未来きずな高等学校の募集要項

新入学
出願資格 中学校卒業見込者であること。もしくは、中学校を卒業している者であること。
入学時期 随時
検定料 10,000円
出願書類 新入学願書、写真2枚、振込金受付証明書、受験の動機、学費応援制度利用申し込み書(希望者のみ)、調査書
選考方法 -
合否発表 -
入学手続き -
転入学
出願資格 高等学校に在学中の者(休学中も含む)
入学時期 随時
検定料 10,000円
出願書類 転入学・編入学願書、写真2枚、振込金受付証明書、受験の動機、生徒の転入学について(照会)、成績単位修得証明書、在学証明書
選考方法 -
合否発表 -
入学手続き -
編入学
出願資格 高等学校を中途退学した者
入学時期 随時
検定料 10,000円
出願書類 転入学・編入学願書、写真2枚、振込金受付証明書、受験の動機、成績単位修得証明書、在学期間証明書(休学期間がある場合は記入すること)
選考方法 -
合否発表 -
入学手続き -

飛鳥未来きずな高等学校の評判についてもっと詳しく!

飛鳥未来きずな高等学校は飛鳥未来高等学校の姉妹校だけあって、今後の成長が大変期待されている学校です。飛鳥未来高等学校は卒業率が高いだけでなく、進路決定率でも88.5%という高い数字を出しており、生徒のケアが行き届いていると評判。飛鳥未来きずな高等学校でもきっと素晴らしい高校生活が送れるでしょう。

生徒だけでなく保護者からも期待値が高いのは、三幸学園だからこそできるキャリアカリキュラムです。高校に在学しながら一足早く専門学校の授業が受けられる仕組みで、実際に職場で就業体験をしたりしながら、実践的な知識を学ぶことができます。一度専門学校に入ってしまうと、自分のやりたいことじゃなかったかも…と思ってもなかなか辞めたりしづらいものですが、高校のうちにさまざまなジャンルの職業を体験できれば、しっかり吟味したうえで進学先や就職先を選べますよね!

生徒が楽しみにしているのは通信制高校とは思えないほど盛り上がる行事の数々。飛鳥未来高等学校の文化祭には毎年他校からもたくさんの生徒が訪れるので、飛鳥未来きずな高等学校の文化祭も大規模なものになることでしょう。週に1日学校に通うスタンダードコースに在籍する生徒は、こうした行事にも参加しやすく、文化祭の実行委員を担当すれば行事の運営に携わることだってできます。こういった経験は進学や就職の際のPRにも役立ちますよ!

飛鳥未来きずな高等学校へのアクセス

アクセス -
住所 札幌キャンパス
〒060-0001
北海道札幌市中央区北一条西19-1-6

登米本校
〒987-0331
宮城県登米市米山町中津山字筒場埣215

お茶の水キャンパス
〒113-0033
東京都文京区本郷3-40-7-1F

立川キャンパス
〒190-0012
東京都立川市曙町2-18-15

大宮キャンパス
〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-197-1

小田原キャンパス
〒250-0045
神奈川県小田原市城山4-5-1

名古屋キャンパス
〒451-0042
愛知県名古屋市西区那古野2-12-16-2F

神戸キャンパス
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通4-7-32 6階

沖縄キャンパス
〒900-0012
沖縄県那覇市泊1-38-1
最寄駅 -
10月・11月
\ 転入・新入学生 募集中 /
進む
飛鳥未来きずな高等学校に
無料で資料請求
2017年開校!飛鳥未来きずな高等学校の魅力って?
飛鳥未来きずな高等学校の詳しい情報をいち早く解説!姉妹校である飛鳥未来高等学校は通信制高校プラザでも人気の学校の一つです。
通信制高校の4ない
通信制高校は前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます
高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。
「単位制」の学校だから年間必要単位や出席日数という概念がありません
働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。
インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。
通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。
通信制高校の学費計算
通信制高校の平均学費は年間20~30万円くらいです。
これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。しかし、国が支給している「就学支援金」を受ければ、公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。
みんなが資料請求している学校はこちら