へいせい義塾館高等学院の学費や口コミ・評判詳細

電話での資料請求
4,260
462
TOP > 通信制高校 > へいせい義塾館高等学院

サポート校私立
へいせい義塾館高等学院卒業証書授与式
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星4.1
口コミ 7件
入学可能エリア日本全国
最低登校日数(目安)年2日
年間学費(目安)-
新入学
4月、10月
転入学
随時
編入学
4月、10月

へいせい義塾館高等学院の口コミ一覧

総合評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.1 口コミ7
(2019/12/13更新)
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
前の高校は自分に合わなくて嫌々通っていましたが、そのぶん通信制高校はゆっくり楽しめればい…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
へいせい義塾館高等学院は勉強面でとても支えてくれるので、学力に不安な場合はとてもおすすめ…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
実家の家業の修行をしながら高校にも通いたかったのでへいせい義塾館高等学院を進学先として選…
高校の口コミ評判一覧 高校の口コミ評判を書く

へいせい義塾館高等学院の学校紹介

へいせい義塾館高等学院卒業式へいせい義塾館高等学院では、生徒のみなさんの心を育てる学校です。近年、ゆとり教育の見直しに伴って日本の教育は急速に姿をかえ、かつての様な詰め込み式というわけではありませんが、ゆとり時代とは比べ物にならない量重視の教育姿勢が一般的になりつつあります。しかし、生徒にとって本当に大切なことは、学校で学ぶ勉強だけなのでしょうか。いいえ、決してそのようなことはあります。学校で学ぶべき本当に大切なことは、人と人とのつながりの大切さです。へいせい義塾館高等学院では生徒が自ら率先して、また先生も生徒と真摯に向き合ってそのことを学びとろうとする雰囲気があり、学内の雰囲気も非常に明るくフレッシュな若々しいものです。そうした同じ世代の、未来へと進路を進める仲間たちとの学校生活の中では、単純に勉強だけではなく、そうしたおおく人間とのつながりの大切さを学ぶことができます。最近では情報化社会の進展によって、人間は顔を合わせずにコミュニケーションを容易にし、あらゆる物事インターネット上に凝縮させようとします。そんな情報至上主義の世の中だからこそ、人間との血の通ったコミュニケーションが必要であり、それが社会を動かしてるのです。へいせい義塾館高等学院は勉強だけではなく、そうした生徒の心の成長と目覚めを促します。本当に大切な物は何なのか。へいせい義塾館高等学院は既存の概念にとらわれない、柔軟な発想力のある人材を育成します。

参考:http://www.heisei-gk.com/

へいせい義塾館高等学院基本情報

所在地 〒509-6121 岐阜県瑞浪市寺河戸町
入学可能エリア 日本全国
スクーリング(通学) なし
制服 あり
部活動 あり
学科・コース -
卒業生の進路状況 中京学院大学、中部大学、中部学院大学、東海学園大学、など

へいせい義塾館高等学院の学費

入学金 324000円
施設設備費(年間) -
教育関連諸費 (年間) -
教科学習費 -
スクーリング費 -
1単位当たりの授業料 -
年間学費(目安) -

へいせい義塾館高等学院の募集要項

新入学
出願資格 4月、10月
入学時期 -
検定料 13000円
出願書類 -
選考方法 面接、書類審査、学力検査
合否発表 -
入学手続き -
転入学
出願資格 -
入学時期 随時
検定料 13000円
出願書類 -
選考方法 面接、書類審査、学力検査
合否発表 -
入学手続き -
編入学
出願資格 -
入学時期 4月、10月
検定料 13000円
出願書類 -
選考方法 面接、書類審査、学力検査
合否発表 -
入学手続き -

へいせい義塾館高等学院へのアクセス

アクセス JR中央線「瑞浪」駅目の前
住所 〒509-6121 岐阜県瑞浪市寺河戸町沖中1184-3 
最寄駅 JR中央線「瑞浪」駅
通信制高校の4ない
通信制高校は前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます
高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。
「単位制」の学校だから年間必要単位や出席日数という概念がありません
働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。
インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。
通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。
通信制高校の学費計算
通信制高校の平均学費は年間20~30万円くらいです。
これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。しかし、国が支給している「就学支援金」を受ければ、公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。
みんなが資料請求している学校はこちら