日立工業専修学校の学費や口コミ・評判詳細

電話での資料請求
4,238
462
TOP > 通信制高校 > 日立工業専修学校

技能連携校私立
実習風景
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星4
口コミ 3件
入学可能エリア日本全国
最低登校日数(目安)学校に確認
年間学費(目安)30万円
新入学
4月
転入学
学校に確認
編入学
学校に確認

日立工業専修学校の口コミ一覧

総合評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.0 口コミ3
(2019/11/19更新)
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
モノづくりが好きというふわっとした理由で日立工業専修学校へ入学。実習も多いので、座って学…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
技能オリンを実際に見学してから日立工業専修学校への入学を決めました。この学校の卒業生には…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
日立工業専修学校を卒業し、そのまま日立グループへ就職しました。この学校は就職へのサポート…
高校の口コミ評判一覧 高校の口コミ評判を書く

日立工業専修学校の学校紹介

英会話

日立工業専修学校は明治43年に設立された製造技能が学べる高等専修学校です。通信制高校科学技術学園高等学校と連携しているので、同時入学することにより高校卒業資格を卒業時に同時に取得することができます。


専攻は電気科・機械科・溶接科の3課程。入学後半年間はすべての学科の基礎を勉強することができ、その後生徒自身が専攻科を決めることができます。どの過程も最新の実習設備が日立工業専修学校内に整っているので、高校卒業後は即戦力として企業で働くことが可能です。授業の多くは実習なので勉強が苦手だという生徒も、楽しく飽きずに登校できます。電子機器組立て技能士検定や、機械加工技能士検定、半自動マグ溶接専門級検定など、在学中にさまざまな資格取得ができるのも魅力です。資格の合格率はほとんどが90%以上!製造技能を学ぶため遠方から入学する生徒も多いです。


日立工業専修学校は毎年100名近くの生徒が入学する、高等専修学校としては大きめの学校。そのため製造技能だけでなく、通信制高校ではなかなか培えないヒューマンスキルも磨くことができます。学校と同じ敷地内には学生寮も用意されているので、集団行動にも慣れますしコミュニケーションスキルを磨くこともできますよ。男子生徒だけの学校かと思われがちですが女子生徒の入学も増えています。


参考:http://www.hitachi.co.jp/Div/tech-school/

日立工業専修学校基本情報

所在地 〒316-0032 茨城県日立市西成沢町2-17-1 株式会社日立製作所 総合教育センタ 日立工業専修学校
入学可能エリア 日本全国
スクーリング(通学) あり
制服 あり
部活動 なし
学科・コース 機会科
卒業生の進路状況 株式会社日立製作所、日立オートモティブシステムズ株式会社、株式会社日立産機システム、株式会社日立パワーソリューションズ、株式会社日立ビルシステム、株式会社日立ニコトランスミッション、株式会社日立ハイテクマニファクチャ&サービス 

日立工業専修学校の学費

入学金 10万円
施設設備費(年間) 5万円
教育関連諸費 (年間) 5万円
教科学習費 5万円
スクーリング費 -
1単位当たりの授業料 -
年間学費(目安) 30万円

日立工業専修学校の学費についてもっと詳しく!

日立工業専修学校を卒業するためにかかる費用は、なんと入学準備金12万円のみ!こちらを入学確約日(1月)までに納入すれば、授業料や教科書代などを全て含めた学費や、食費を含めた学生寮の費用などはすべて、高等学校等就学支援金を活用し免除となります。行事やイベントにかかる費用や検定料なども免除という学校は、通信制高校にも高等専修学校にもなかなかないので魅力的ですね。無料で食事付き学生寮に入ることができるということで、遠方からの入学希望者も多いです。支払う学費は制服や体育着、実習に必要な用具を購入するための入学準備金だけ。こんなに良心的な学校はなかなかないです。


これだけ学費面での優遇が大きい学校なので、実は製造を学びたい生徒には日立工業専修学校は大変な人気校となっています。入学の際は中学校が作成する報告書や欠席遅刻早退に関する意見書の提出が必要なので、中学校ではきちんと素行をよくしておかなければ合格できない可能性も高いです。授業料が安いだけで選ばないよう注意してください。

日立工業専修学校の募集要項

新入学
出願資格 高等学校卒業見込者、高等学校を卒業者
入学時期 4月
検定料 1万円
出願書類 調査書、選抜手数料、振込証明、受験票送付用封筒
選考方法 学力試験(数学)、適性検査、面接試験
合否発表 受験者在学高校(新卒者のみ)宛に「合否結果」郵送、受験者本人宛に「合否通知書」を郵送、本校ホームページ上に「合格者受験番号」を発表
入学手続き 書類提出、「入学確約書」の提出
転入学
出願資格 -
入学時期 -
検定料 -
出願書類 -
選考方法 -
合否発表 -
入学手続き -
編入学
出願資格 -
入学時期 -
検定料 -
出願書類 -
選考方法 -
合否発表 -
入学手続き -

日立工業専修学校の評判についてもっと詳しく!

日立工業専修学校には通信制高校だけでは味わえない体験がたくさんあります。学校行事も豊富で、日立工業専修学校全体のイベントとは別に寮行事も行われるので生徒同士の団結力も非常に高いです。ハイキングやボランティア活動、都市対抗野球大会の応援、水泳大会、技能五輪全国大会の見学イベント、日専祭と呼ばれる文化祭などから、希望者は海外研修にも参加することができます。海外研修では2015年にマレーシアへのホームステイを敢行。海外にも日立グループの工場があるため、このような研修が可能になるんだそうです。製造技術を着実に学びながらも、高校生活の思い出をしっかりつくれるのが、通信制高校だけでは絶対感じることができない日立工業専修学校の魅力ですね!


せっかく日立工業専修学校へ入学するなら、ぜひとも寮への入学をおすすめします。寮では食事の準備を除いて、生活に必要なことはすべて自分で行うことになるので自立心を大きく成長させます。起床は毎日6時30分。少し早起きですが、消灯が22時30分なのでしっかり眠ることができますよ。寮の担任室には休日にも職員が在室しているので安心。保健室や洗濯機も寮のなかにありますし、風呂は大浴場があるので毎日気持ちよく疲れをとることができます。日立工業専修学校でなら充実した高校生活を送れること間違いないですよ!

日立工業専修学校へのアクセス

アクセス -
住所 〒316-0032 茨城県日立市西成沢町2-17-1 株式会社日立製作所 総合教育センタ 日立工業専修学校
最寄駅 常陸多賀駅
通信制高校の4ない
通信制高校は前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます
高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。
「単位制」の学校だから年間必要単位や出席日数という概念がありません
働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。
インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。
通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。
通信制高校の学費計算
通信制高校の平均学費は年間20~30万円くらいです。
これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。しかし、国が支給している「就学支援金」を受ければ、公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。
みんなが資料請求している学校はこちら