岩谷学園高等専修学校の学費や口コミ・評判詳細

電話での資料請求
4,123
460
TOP > 通信制高校 > 岩谷学園高等専修学校

技能連携校私立
岩谷学園高等専修学校の生徒
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星3.3
口コミ 3件
入学可能エリア日本全国
最低登校日数(目安)週5日登校可能
年間学費(目安)75万円
新入学
4月
転入学
学校に確認
編入学
学校に確認

岩谷学園高等専修学校の口コミ一覧

総合評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.3 口コミ3
(2019/08/24更新)
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
岩谷学園高等専修学校はとにかく自由。授業に全部出られなくてもいいし、教室で授業を受けなく…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
制服が可愛かったから岩谷学園高等専修学校に入学しました!笑!学校ですけど、わりとやりたい…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
子どもがここを卒業しました。岩谷学園高等専修学校を選んだ理由は進学実績が多かったからです…
高校の口コミ評判一覧 高校の口コミ評判を書く

岩谷学園高等専修学校の学校紹介

岩谷学園高等専修学校の生徒

学校法人岩谷学園岩谷学園高等専修学校は、「高等専修学校卒業資格」だけでなく、鹿島学園高等学校との「技能連携制度」による「高等学校卒業資格」の同時取得が可能です。


また、商業の実務を専門とする専修学校としての学習も充実しており、就職活動や進学のに役立つ検定の取得や技能習得へのサポートも充実しています。

強みとして、アットホームな空間で、先生と生徒の距離が近く、相談しやすい環境が挙げられます。少人数制のため、勉強やクラスの仲についていけなくなる心配は不要で、とても穏やかな雰囲気です。


さらに、アップルームという生徒をサポートするための教室が設けてあります。過去に不登校だった生徒や、人と話すのが苦手な生徒のための教室です。指導は教育相談の教員が担当します。一人ひとりに合わせた時間割を作成し、苦手な教科はここで学習、苦手な時間はここで過ごします。なので個人個人で一日のスケジュールが異なります。これも岩谷学園高等専修学校の特色です。 


進学については、先生、生徒、保護者で一緒に考えます。一人ひとりを最も適切な進路へ導きます。必要ならば、オープンキャンパスに先生が同行するのも岩谷学園ならではです。

就職については、早い段階から就職に向け講義やガイダンスなどを実施します。キャリアセンターや先生のサポートによる面接練習を徹底して行っており、求人公開後の企業訪問や採用試験に万全の体制を整えます。生徒が自らの意思で前に進める人間への成長を促します。生徒の将来を大切に思ってくれる学校です。


参考:http://www.iwatani-e-school.ac.jp/

岩谷学園高等専修学校基本情報

所在地 〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼1-38-19
入学可能エリア 日本全国
スクーリング(通学) あり
制服 あり
部活動 なし
学科・コース メディア・情報科
卒業生の進路状況 【就職】
(株)IS、(株)アサヒ、(株)伊澤製作所、(株)いすゞ自動車、SBSロジコム(株)、オーケー(株)、加藤製本(株)、神奈川臨海鉄道(株)、(株)キャンズ、サンワサポートシステム(株)、(株)秀光、(株)スターエクスプレス、(株)セノン、(株)第一製パン、(株)大日本印刷、タスク(株)、(株)東京綜合警備保障、(株)ビック・ライズ、(株)平山、(株)文化堂、文明堂(株)、双葉工業(株)、(株)萬珍楼、三葉工事(株)、(有)みどりカッター工業、(株)横濱屋

【進学合格実績】
青山学院大学、小田原女子短期大学、神奈川大学、関東学院大学、国学院大学、駒澤大学、駒沢女子短期大学、相模女子大学、産業能率大学、湘南工科大学、湘南短期大学、昭和音楽短期大学、女子美術短期大学、創価大学、拓殖大学、多摩大学、帝京平成大学、戸板女子短期大学、桐蔭横浜大学、東海大学、東京家政学院大学、東京工科大学、東京工芸大学、東京造形大学、東京都市大学、東京未来大学、日本大学、一橋大学、文教大学、明海大学、横浜商科大学、立正大学、岩谷学園アーティスティックB横浜美容専門学校、岩谷学園テクノビジネス横浜保育専門学校、アーツカレッジヨコハマ、大原簿記専門学校、織田栄養専門学校、外語ビジネス専門学校、神奈川県立産業技術短期大学校、神奈川社会福祉専門学校、神田外語専門学校、関東美容専門学校、情報科学専門学校、専門学校日本動物21、東京IT会計法律専門学校、東京観光専門学校、東京工科自動車大学校、東京スクール・オブ・ビジネス、東京電子専門学校、日本工学院専門学校、日本電子専門学校、HAL専門学校、ヨコスカ調理師専門学校、横浜医療秘書歯科助手専門学校、横浜こども保育専門学校、横浜システム工学院、横浜調理師専門学校、横浜デザイン学院、横浜デジタルアーツ専門学校、横浜保育専門学校、横浜ファッションデザイン専門学校、読売自動車大学校

岩谷学園高等専修学校の学費

入学金 20万円
施設設備費(年間) 12万円
教育関連諸費 (年間)
教科学習費
スクーリング費 10万2千円
1単位当たりの授業料 52万8千円
年間学費(目安) 75万円

岩谷学園高等専修学校の学費についてもっと詳しく!

岩谷学園高等専修学校の生徒

年間の学費内訳は、授業料528,000円、施設設備費120,000円、鹿島学園高等学校学費102,00円の計750,000円となっています。

岩谷学園高等専修学校に合格した方は、同時に技能連携校である鹿島学園高等学校に入学することになるので、そちらの学費として、102,000円が含まれています。


初年度のみ、入学金として200,000円がこちらの学費とは別途で納入となります。学費は全納と分納の選択が可能です。


奨学金などの制度についてですが、特別推薦での入学となる場合、入学金全額が免除されます。特別推薦で入学するためには、「中学校校長から推薦を受けた単願者で、体験入学、個別面談を通し、岩谷学園高等専修学校の生徒としてふさわしいと判断され、岩谷学園高等専修学校の定める成績の基準を満たす」必要があります。


他には、ご家庭の負担を軽減する目的で『高等学校就学支援金制度』と『授業料補助制度』が用意されています。さらに、授業以外で教育のために必要なお金を支援する就学給付金や、県内に在住の生徒が対象の無利子の奨学金、母子家庭のための奨学金の制度も用意されています。東京都在住者を対象とした支援金制度や「国の教育ローン」などもあります。気になる方はぜひ資料請求してみてくださいね。

岩谷学園高等専修学校の募集要項

新入学
出願資格 今年度中に中学校またはそれに準ずる学校を卒業見込みの者・中学を卒業しているもの
入学時期 4月
検定料 2万円
出願書類 推薦書・入学志願書・写真6枚・調査書1通(公立高等学校向けの用紙または本校指定用紙に出身校において記載したもの)
選考方法 面談・体験入学
合否発表 試験日より3日後、本人および中学校に郵送にて通知
入学手続き 合格通知発送日より1 週間以内に、初年度納付金の全額、または分納の入学時納入分を所定の銀行口座にお振込み・各公立・私立高校(通信制を除く)との併願を希望する場合は、同校の合格発表の3日後まで 納入金全額の延納を認める
転入学
出願資格
入学時期
検定料
出願書類
選考方法
合否発表
入学手続き
編入学
出願資格 -
入学時期 -
検定料 -
出願書類 -
選考方法 -
合否発表 -
入学手続き -

岩谷学園高等専修学校の評判についてもっと詳しく!

岩谷学園高等専修学校の生徒と先生

岩谷学園高等専修学校はとても活気のある学校です。高校生という、多感で多くを吸収することのできる3年間を無駄にすることなく、勉強はもちろん、社会性や将来に対する目標を見つける力を身に付けることができます。


授業だけでなく、キャリア教育・ゼミに力を注いでいます。その中で、生徒一人ひとりが「気づき」を得られるような環境があります。「気づき」を得た生徒は、自ら進む道を決め、それに向かって努力するようになります。


また、資格取得を支えることもできる学校です。就職や進学を有利にするために、上級資格試験合格をサポートしてくれます。合格した生徒は自信を持って学園生活を送っています。


「受けてみたい検定を先生に相談すると、日程を調べてくれるだけでなく、勉強のサポートもしてくれます。1つ合格して、次にチャレンジすることも楽しいです。大学受験と資格試験の両立を図りたい!」といった声もあります。


社会性、気づきを得られる環境のある学校、それが岩谷学園高等専修学校です。

岩谷学園高等専修学校へのアクセス

アクセス 「横浜」駅より徒歩7分
住所 〒220-0023 神奈川県横浜市西区平沼1-38-19
最寄駅 「横浜」駅
通信制高校の4ない
通信制高校は前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます
高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。
「単位制」の学校だから年間必要単位や出席日数という概念がありません
働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。
インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。
通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。
通信制高校の学費計算
通信制高校の平均学費は年間20~30万円くらいです。
これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。しかし、国が支給している「就学支援金」を受ければ、公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。
みんなが資料請求している学校はこちら