神戸女子洋裁専門学校の学費や口コミ・評判詳細

電話での資料請求
4,123
460
TOP > 通信制高校 > 神戸女子洋裁専門学校

技能連携校私立
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星3.8
口コミ 4件
入学可能エリア兵庫県と近隣県
最低登校日数(目安)週5日
年間学費(目安)学校に確認
新入学
4月
転入学
学校に確認
編入学
学校に確認

神戸女子洋裁専門学校の口コミ一覧

総合評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.8 口コミ4
(2019/08/24更新)
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
洋裁の勉強がしたくて入学しました。 3年生になったらドレスも作りました。出来上がるまで楽…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
現在はファッション関係の仕事をしています。ファッションに興味があってファッションについて…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
コンテストみたいなものがあって毎年そのコンテストに向かって制作をしている。学年関係なく評…
高校の口コミ評判一覧 高校の口コミ評判を書く

神戸女子洋裁専門学校の学校紹介

神戸女子洋裁専門学校は八洲学園高等学校の通信課程と提携している技能提携校です。設立から60年が経っており、信頼と実績のある技能提携校です。

卒業後は神戸女子洋裁専門学校の卒業証書と、八洲高等学院の卒業証書を受け取ることができます。

学校までのアクセスは、キャンパスが兵庫駅から徒歩10分の位置に通学も楽ちんです。

服飾分野に非常に特化しており、入学後は服飾のプロを目指し服飾分野の勉強を中心に学んでいきます。


神戸女子洋裁専門学校の特徴は、卒業後に自分で制服を作るところです。

制服は規定のデザインのものを自分で製図、裁断作ることになっています。

6月1日が夏服の着用日となっているので、生徒のみなさんは6月1日までに制服ができるようにがんばります。

夏服以外にも、ベストやコートも作ることになっているので、1年を通じて制服を作ることになります。

制服の作成に使う材料などの費用は、毎月の研修費から支払われます。


実習の他にも、被服学やデザイン学、理論教科などの勉強もあります。

服飾において実習はもちろんのことは技術を身につけるためにも必要不可欠です。

しかし、その技術は理論の裏付けでなければなりませんよね。

神戸女子洋裁専門学校では技術だけでなく、服飾についての理論を学ぶことで復職に関しての幅広い知識を身につけることができます。

1人1台ミシンがあるので、とことん服飾の勉強に集中することができます。

参考:http://www.kobeyosai.ac.jp/high01.html

神戸女子洋裁専門学校基本情報

所在地 〒653-0022 兵庫県神戸市長田区東尻池町2丁目5−19
入学可能エリア 兵庫県と近隣県
スクーリング(通学) あり
制服 なし
部活動 なし
学科・コース なし
卒業生の進路状況 ワールドファッション技術研究所、神港ドレス、テラオ服装、多か乃、トップソーイング エイワKK、西友、マキインテリア

神戸女子洋裁専門学校の学費

入学金 -
施設設備費(年間) -
教育関連諸費 (年間) -
教科学習費 -
スクーリング費 -
1単位当たりの授業料 -
年間学費(目安) 学校に確認

神戸女子洋裁専門学校の学費についてもっと詳しく!

神戸女子洋裁専門学校の学費は、入学金や授業料といった学費に加えて、提携している八洲学園高等学校通信制コースの入学金や授業料を別途で支払う必要があるので注意が必要です。

またそれ以外にも毎月研修費を支払う必要があります。

研修費は実習に使うための材料や費用を支払うためにあるので、授業を受けるために必ず必要なものです。


神戸女子洋裁専門学校は、国の高等学校等奨学支援金や、兵庫県の授業料支援制度などを利用することができます。

学費のサポートを受けることで、経済状況があまり安定していない方でも入学が可能になります。

ただ、このような学費サポート制度は条件として兵庫県に在住している方のみという場合もあります。

また、家庭の状況によって受けられる金額も異なります。

学費サポートを利用する場合は、自分は学費支援を受けられるのか、そしてどれくらい受給できるのかということをきちんと把握しておく必要があります。

神戸女子洋裁専門学校の募集要項

新入学
出願資格 -
入学時期 4月
検定料 1万円
出願書類 入学願書選考料
選考方法 面接
合否発表 -
入学手続き 示されている日時までに入学金を添えて入学手続き
転入学
出願資格 -
入学時期 -
検定料 -
出願書類 -
選考方法 -
合否発表 -
入学手続き -
編入学
出願資格 -
入学時期 -
検定料 -
出願書類 -
選考方法 -
合否発表 -
入学手続き -

神戸女子洋裁専門学校の評判についてもっと詳しく!

神戸女子洋裁専門学校は自分の服は自分の手でという言葉をモットーにしています。

授業は少人数のアットホームな環境になっているので、授業や実習でわからないことがあったときでも気軽に先生に質問することができます。

落ち着いた環境で服飾に関して学ぶことができるので、その分成長も早いですよ。

入学して初めてミシンを触ったという人でも、3年後には必ず服飾に関してプロレベルになることができます。


卒業後の進路は、神戸女子洋裁専門学校の専門課程や、服飾関係の大学に進学する方が多いです。

高等課程で身についた知識や技術をより深く極めたい、もっとさまざまな技術や理論を学びたいといった方が多いです。


学校では年に1度の研修見学旅行やファッションショーがあります。

生徒のみなさんは、こういった行事のタイミングで自分の日頃の頑張りの成果を色んな人に見てもらいます。

そうすることが生徒のモチベーションや、やり甲斐に繋がり、より一層服を作ることが楽しいと思うようになります。

学校では毎年全国からたくさんの人から応募されるコンテストにも積極的に作品を出品しています。

神戸女子洋裁専門学校の生徒は毎年のように入選されています。

神戸女子洋裁専門学校へのアクセス

アクセス 神戸高速 長田駅から徒歩10分
JR 兵庫駅から徒歩10分
JR 新長田駅から徒歩10分
地下鉄海岸線 苅藻駅から徒歩10分
住所 〒653-0022 兵庫県神戸市長田区東尻池町2丁目5−19
最寄駅 神戸高速 長田駅
JR兵庫駅
JR新長田駅
地下鉄海岸線苅藻駅
通信制高校の4ない
通信制高校は前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます
高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。
「単位制」の学校だから年間必要単位や出席日数という概念がありません
働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。
インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。
通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。
通信制高校の学費計算
通信制高校の平均学費は年間20~30万円くらいです。
これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。しかし、国が支給している「就学支援金」を受ければ、公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。
みんなが資料請求している学校はこちら