NIC高校部高等学校の学費や口コミ・評判詳細

電話での資料請求
3,871
461
TOP > 通信制高校 > NIC高校部

サポート校私立
背中を合わせるNIC高校部の生徒
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星3.3
口コミ 3件
入学可能エリア日本全国
最低登校日数(目安)年2回
年間学費(目安)81万円
新入学
4月、9月
転入学
随時
編入学
随時

NIC高校部の口コミ一覧

総合評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.3 口コミ3
(2018/12/14更新)
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
NIC高校部に入学してから英語に対する考え方が変わりました!勉強すればするほどするほど自分…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
留学がしたくてNIC高校部を選びました。周りの友達も留学したいって人ばかりで、自分も頑張ら…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
現在海外の大学に在学中です。NIC高校部で学んだことはとても大きいです。入学したばかりの頃…
高校の口コミ評判一覧 高校の口コミ評判を書く

NIC高校部の学校紹介

多国籍なNIC高校部

留学希望者や英語のスキルを格段にアップさせたい高校生におすすめなNIC高校部。日本で唯一の海外大学進学に特化した高校として口コミで人気が上がっている学校です。通信制高校卒業のための勉強をしながら、NIC大学部の学生と同じように海外の大学で勉強するのに必要な英語力を身につけられるカリキュラムを受講します。提携している通信制高校は鹿島学園高等学校の姉妹校である鹿島朝日高等学校です。


入学時にはクラス分けテストがあり、英語の授業は習熟度別に受講することができます。1クラスは15から20人。少人数なので授業に遅れをとることも少ないです。NIC高校部ではスポーツ大会や七夕パーティなど楽しいイベントも多く開催されます。ハロウィンパーティやクリスマスパーティでは、海外の文化であることもあって他の通信制高校よりも大盛り上がりです。イベントにはネイティブの講師もたくさん参加しますし、学内では定期的にTOEICやTOEFLを受験することもできます。生徒同士競争しあいながら、英語力を効率よく高めることが可能です。


NIC高校部では生徒の安全や留学の効果を高めるため、英語の成績がよくないと渡航手続きをすることができません。成績不良者にはカウンセリングや補習授業があるので、最初は英語が苦手な生徒でも先生と二人三脚でステップアップができますよ。成績優秀者には表彰があるので、英語が得意な生徒は表彰を目指して日々努力しています。


参考:https://www.nicuc.ac.jp/hs/

NIC高校部基本情報

所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-9-16
入学可能エリア 日本全国
スクーリング(通学) あり
制服 なし
部活動 なし
学科・コース -
卒業生の進路状況 ネバダ州立大学、カリフォルニア州立大学、イギリス国立大学など

NIC高校部の学費

入学金 37万円
施設設備費(年間) 8万円
教育関連諸費 (年間) -
教科学習費 -
スクーリング費 -
1単位当たりの授業料 36万円/1学期
年間学費(目安) 81万円

NIC高校部の学費についてもっと詳しく!

NIC高校部の授業風景

NIC高校部で入学時に納入する学費は約97万円。なおこれは年間学費ではなく1学期分の費用になります。4月入学時に入学金を含めた約97万円、7月に2学期分44万円、11月に3学期分44万円を納入するという仕組みです。そのため1年間の学費は合計185万円。通信制高校サポート校としてはかなり高めの金額です。大学部と同じカリキュラムを受講しながら高校の勉強ができることを考えれば妥当な金額ではありますが、支払いが厳しい場合には教育ローンの利用もおすすめです。教育ローンは使用できる範囲が限られている分無金利なので、通常のローンと違って金利を支払わずに融資を受けることができます。地方自治体管轄の奨学金の利用も可能です。


さらにNIC高校部では授業料に加えて、教材費や渡航手続きにあたっての関連費用がかかり、高校卒業資格取得のためには通信制高校の学費も同時に支払わなければなりません。通信制高校の授業料には就学支援金が利用できますが、それでもNIC高校部の授業料以外に20~30万円程度の費用がかかることが予想されます。

NIC高校部の募集要項

新入学
出願資格 今年度に中学校卒業見込の者、中学既卒者、その他の学歴の者
入学時期 4月、9月
検定料 4万円
出願書類 入学願書、入学希望理由書、受験票
選考方法 英語力判定試験、グループ面接、日本語小論文
合否発表 郵送にて通知
入学手続き 書類提出、入学金・学費の納入
転入学
出願資格 現在、高等学校に在籍している者
入学時期 随時
検定料 4万円
出願書類 入学願書、入学希望理由書、受験票、在籍校での取得科目についての単位取得証明書
選考方法 英語力判定試験、グループ面接、日本語小論文
合否発表 郵送にて通知
入学手続き 書類提出、入学金・学費の納入
編入学
出願資格 高等学校を中途退学した者
入学時期 随時
検定料 4万円
出願書類 入学願書、入学希望理由書、受験票、在籍校での取得科目についての単位取得証明書
選考方法 英語力判定試験、グループ面接、日本語小論文
合否発表 郵送にて通知
入学手続き 書類提出、入学金・学費の納入

NIC高校部の評判についてもっと詳しく!

黒板に文字を書くNIC高校部の生徒たち

将来海外で働きたい、通信制高校を卒業後は海外の大学に進学したい。そんな生徒たちがNIC高校部にはたくさん集まります。通信制高校の卒業フォローとしては、定期的にレポート提出のための勉強会を実施。NIC大学部の勉強だけで手一杯になってしまわないよう、高校卒業資格も必ず最短期間で取得できるように工夫がされています。


NIC高校部に新入学した場合、1年次に海外渡航の準備をし、2年次からはワシントン州立オリンピックカレッジで短大卒資格を取得しながら、通信制高校の卒業資格を取得。そして高校卒業後は四年制大学へ3年次編入という道も可能です。同級生が大学1年生として大学に通っているのに、自分は3年次での編入ができるのはかなりのメリットではないでしょうか。NIC高校部は海外の大学進学に特化した学校ではありますが、もちろん国内大学への進学もできますので安心してください。


なおNIC高校部の校舎は東京校・大阪校・鹿児島校の3箇所にあります。遠方で通いづらい場合には寮の利用なども相談してみるといいでしょう。

NIC高校部へのアクセス

アクセス JR新宿駅より徒歩15分
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-9-16
最寄駅 JR新宿駅
通信制高校の4ない
通信制高校は前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます
高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。
「単位制」の学校だから年間必要単位や出席日数という概念がありません
働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。
インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。
通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。
通信制高校の学費計算
通信制高校の平均学費は年間20~30万円くらいです。
これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。しかし、国が支給している「就学支援金」を受ければ、公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。
みんなが資料請求している学校はこちら