島根県立浜田高等学校の学費や口コミ・評判詳細

電話での資料請求
4,558
465
TOP > 通信制高校 > 島根県立浜田高等学校

通信制高校公立
島根県立浜田高等学校の校舎
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星3.9
口コミ 9件
入学可能エリア島根県
最低登校日数(目安)週2日
年間学費(目安)6,600円
新入学
4月、5月
転入学
随時
編入学
随時

島根県立浜田高等学校の口コミ一覧

総合評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 3.9 口コミ9
(2020/08/11更新)
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
子どもを通わせてますが、何といっても創立120年を超えてますから!地域から愛される信頼度と…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
浜田高等学校は学外の授業も多くて、色々な経験が出来ているなと感じます。
正直興味ない分…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
島根県立浜田高等学校は仕事をしながら通える通信制高校です。前の学校では不登校になり、授業…
高校の口コミ評判一覧 高校の口コミ評判を書く

島根県立浜田高等学校の学校紹介

島根県立浜田高等学校の校舎日本海はその名前の通りで、日本に面している海洋として多くの方々に知られています。日本に面している海洋は主に2種類あり、それは日本海と太平洋になります。太平洋は主に日本の南側に面している海洋ですが、日本海は日本の北側に面している海洋です。海の様子も異なり、日本海は太平洋と比較しますと少し波が荒い様子が覗えます。このような特徴から、日本で採れる水産物はとても美味しく、日本海側の各地にある漁港では毎日のように水揚げがなされています。島根県にある浜田港にも、美味しい魚介類が常に水揚げされています。島根県の浜田市は、このような浜田港がとても有名な市です。県の少し西部に位置する浜田市は県の中でも人口が多い市であり、そこから著名人等も多く出られています。その地元には有名な進学校がありますが、それが島根県立浜田高等学校になります。こちらには毎年多くの学生さんが入学されている状況になっています。地元の方々からもとても親しまれている高等学校であり、島根県立浜田高等学校という名前は少々長い事から、浜高というように略されて呼ばれる事が殆どです。地域と密着しており、進学校という神聖なイメージを持ちながらも、地元の多くの方が親しんでいるような、少し特色のある学校として知られています。ただの進学校だけではなく、部活動も盛んに行なわれています。特に野球部は甲子園に出場するくらいの実力を持っており、毎年その活躍が期待されています。

参考:http://www.shimanet.ed.jp/hamada/

島根県立浜田高等学校基本情報

所在地 〒697-8789 島根県浜田市黒川町3749
入学可能エリア 島根県
スクーリング(通学) あり
制服 あり
部活動 あり
学科・コース 普通科
卒業生の進路状況 大学、専門学校、正規社員、アルバイト、他

島根県立浜田高等学校の学費

入学金 6,600円
施設設備費(年間) -
教育関連諸費 (年間) -
教科学習費 -
スクーリング費 -
1単位当たりの授業料 無料
年間学費(目安) 6,600円

島根県立浜田高等学校の募集要項

新入学
出願資格 今年度中学校卒業見込みの者
入学時期 4月、5月
検定料 800円
出願書類 -
選考方法 面接、書類選考
合否発表 個別に通知
入学手続き -
転入学
出願資格 現在高等学校に在学中の者
入学時期 随時
検定料 800円
出願書類 -
選考方法 面接、書類選考
合否発表 個別に通知
入学手続き -
編入学
出願資格 過去高等学校に在籍していた者
入学時期 随時
検定料 800円
出願書類 -
選考方法 面接、書類選考
合否発表 個別に通知
入学手続き -

島根県立浜田高等学校へのアクセス

アクセス JR山陰線「浜田」駅下車徒歩15分
住所 〒697-8789 島根県浜田市黒川町3749
最寄駅 浜田駅
通信制高校の4ない
通信制高校は前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます
高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。
「単位制」の学校だから年間必要単位や出席日数という概念がありません
働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。
インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。
通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。
通信制高校の学費計算
通信制高校の平均学費は年間20~30万円くらいです。
これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。しかし、国が支給している「就学支援金」を受ければ、公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。
みんなが資料請求している学校はこちら