東京芸能学園の学費や口コミ・評判詳細

電話での資料請求
4,260
462
TOP > 通信制高校 > 東京芸能学園

サポート校私立
東京芸能学園の生徒
総合口コミ・評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星4
口コミ 3件
入学可能エリア全国
最低登校日数(目安)週1日
年間学費(目安)54万円
新入学
4月
転入学
随時
編入学
随時
10月~1月
\ 転入・新入学生 募集中 /
進む
東京芸能学園に
無料で資料請求

東京芸能学園の口コミ一覧

総合評判 口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星 4.0 口コミ3
(2019/12/13更新)
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
東京芸能学園のアクターズコースを卒業して、今は劇団に所属して役者業をやっています。同じ劇…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
某夢の国で踊るのが夢で東京芸能学園のテーマパークダンサーコースを見つけて入学しました。女…
口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星口コミの星
3歳からダンスを習っていて、ずっとダンスしかやってきませんでした。おかげで中学の成績はボ…
高校の口コミ評判一覧 高校の口コミ評判を書く

東京芸能学園の学校紹介

東京芸能学園は通信制高校のサポート校で、その名の通り芸能に特化した授業を受けられるのが特徴です。学科は芸能科・ダンス科・普通科の3種類から構成されています。それぞれの学科は細かくコース分けされていて、自分のなりたい職業に早く近づけるように最適なカリキュラムを受講することが可能です。たとえば芸能科でも、モデル・タレントコースやヴォーカルコース、TVタレントコースなど5つのコースがあります。ダンス科にはジャンルで分かれているヒップホップコースやブレイキングコースから、バックダンサーコースやテーマパークダンサーコースなど東京芸能学園にしかないようなコースもあって、カリキュラムごとに目指せる職業も絞れるので就職率も高いです。

高校卒業資格を取得するための勉強は週4時間程度で構いません。東京芸能学園には宿題もなく、学校だけで勉強を完結させることができます。ダンスや芸能に思い切り打ち込める環境が整っているんです。

生徒から評判がいいのは、校則・服装規定がないところです。また学校の設備がとてもよく、スタジオやシャワー室などももちろん完備。快適にダンスに集中することができます。

なお、ダンスをしなくても東京芸能学園に通うことはできます!普通科では大学進学を目指して勉強を進めていきます。個人のペースに合わせた無理のない個別指導なので、勉強が苦手だという人でも安心。もしも学習が遅れてしまっても、登校日を増やすこともできますし、個別指導のおかげで先生がすぐに気づいて対策をとってくれます。

参考:http://www.togei-h.com/

東京芸能学園基本情報

所在地 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-24-11
入学可能エリア 全国(一部例外もあります)
スクーリング(通学) あり
制服 あり
部活動 あり
学科・コース 【芸能科】モデル・タレントコース、TVタレントコース、ヴォーカルコース、アクターズコース、声優タレントコース【ダンス科】ヒップホップコース、バックダンサーコース、ダンス&ヴォーカルコース、ブレイキングコース、テーマパークダンサーコース、【普通科】
卒業生の進路状況 Red Bull BC ONE ALL STARS、「EXILE」 LIVE TOURバックダンサー出演、などデビュー実績あり

東京芸能学園の学費

入学金 -
施設設備費(年間) 140,000円
教育関連諸費 (年間) -
教科学習費 -
スクーリング費 -
1単位当たりの授業料 400,000円
年間学費(目安) 54万円

東京芸能学園の学費についてもっと詳しく!

東京芸能学園の学費は、普通科は初年度総額54万円、芸能科は初年度総額77万円、ダンス科も同じく初年度総額77万円です。しかし東京芸能学園はサポート校なので、別途提携の通信制高校の学費として年間約20万円、入学金5万円が必要になりますので注意してください。

なお、学費を安くするためには就学支援金の利用がおすすめです。東京芸能学園の費用に就学支援金を利用することはできませんが、通信制高校の学費には適用することができるので最大で12万円ほど安くすることができます。

また、東京芸能学園は教育ローンなどのさまざまな学費サポートプランを推奨しています。おすすめなのは公的な融資制度である国の教育ローン。2.25%の固定金利なので、通常のカードローンなどより安く融資を受けることができます。母子家庭の場合には更に安くなって1.75の年率です。教育ローンは就学支援金とは異なり、受験料や受験時の交通費・宿泊費、また教科書代や修学旅行の費用にまで使うことができるので、支払いに不安がある家庭におすすめです。

さらに東京芸能学園では特待生オーディションを行っており、見事特待生に選ばれれば、毎年3名が年間学費を全額免除、20名が学費を半額免除してもらうことができるんです!オーディション内容は面接と実技。実技はダンスや歌、演技など自分をPRするものなら自由です。やる気さえ見られれば初心者の方でも受験できるので、気軽に挑戦してみるといいでしょう。

東京芸能学園の募集要項

新入学
出願資格 芸能科・ダンス科・普通科ともに、中学校卒業以上の方
入学時期 4月
検定料 -
出願書類 入学願書、顔写真(4cm×3cm)
選考方法 書類選考、オーディションによる審査
合否発表 -
入学手続き -
転入学
出願資格 芸能科・ダンス科・普通科ともに、中学校卒業以上の方
入学時期 随時
検定料 -
出願書類 入学願書、顔写真(4cm×3cm)
選考方法 書類選考、オーディションによる審査
合否発表 -
入学手続き -
編入学
出願資格 芸能科・ダンス科・普通科ともに、中学校卒業以上の方
入学時期 随時
検定料 -
出願書類 入学願書、顔写真(4cm×3cm)
選考方法 書類選考、オーディションによる審査
合否発表 -
入学手続き -

東京芸能学園の評判についてもっと詳しく!

東京芸能学園には真剣に夢を追いかける生徒がたくさん在籍しています。それは東京芸能学園にその夢を追いかけるのに適した環境が整っているからです。卒業生には実際にEXILEのバックダンサーとしてライブツアーを回った生徒や、ブレイクダンスで世界ツアーなどを行いPUMAやRed Bullにサポートしてもらっている生徒もいます。同世代で頑張っている同級生と一緒に勉強したりダンスをしたり、さまざまな思いや時間を共有することで、高校に通っていなかったときより練習量が増えたという生徒もいます。もちろん高校在学中から業界で活躍する生徒も。高校生のうちから思い切り活動ができるのは、自分の時間をたくさん用意できる通信制高校だからこそです。

生徒の中には、最初は東京芸能学園への入学を親に反対されていたという人もいます。そんな生徒のために高校卒業のための勉強のサポートもしっかり行っているのもこのサポート校の特徴です。帰国子女で日本の高校にあまり馴染めなかったから転校してきたという生徒もいます。個別指導が中心なので、集団生活があまり向いていないという生徒でも安心して通うことができますよ。

高校生はスキルも感性も伸びやすい大事な時間です。そんな大事なときを是非東京芸能学園で過ごして夢への一歩にしてください!

東京芸能学園へのアクセス

アクセス JR山手線・西武新宿線「高田馬場」駅、戸山口より徒歩1分
東京メトロ東西線「高田馬場」駅、3番出口より徒歩3分
住所 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-24-11
最寄駅 JR山手線・西武新宿線「高田馬場」駅
10月~1月
\ 転入・新入学生 募集中 /
進む
東京芸能学園に
無料で資料請求
学費の全額免除も!東京芸能学園高等部の特待生オーディション
東京芸能学園では学費が最大全額免除になる特待生オーディションを開催!通信制高校で芸能に関する勉強がしたい方は、ぜひこのチャンスに挑戦してみてはいかがでしょうか。
東京芸能学園で憧れのダンス・芸能界へ飛び立とう!

東京芸能学園は、ダンス・芸能教育に力を入れている通信制高校です。勉強のサポートも充実しているので、勉強と芸能活動を両立したい!という方に、特にオススメな通信制高校です。

芸能界デビューを目指す人におすすめの通信制高校まとめ
芸能界デビューを目指すなら通信制高校がおすすめ!高卒資格をとりながらレッスンも受講できる、おすすめの学校をまとめて紹介します!そのまま無料で資料請求!
ダンスが学べる通信制高校サポート校!東京芸能学園ニュース
ダンスや芸能に強い通信制高校・サポート校、東京芸能学園。この夏もさまざまなイベントがあったようですよ!そんな東芸から最新ニュースをお届け!通信制高校選びの参考にしてみてください!
通信制高校の4ない
通信制高校は前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます
高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。
「単位制」の学校だから年間必要単位や出席日数という概念がありません
働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。
インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。
通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。
通信制高校の学費計算
通信制高校の平均学費は年間20~30万円くらいです。
これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。しかし、国が支給している「就学支援金」を受ければ、公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。
みんなが資料請求している学校はこちら