通信制高校とは・基本情報

電話での資料請求
3,472
460
TOP > 通信制高校とは

通信制高校とは

まずはここから

全日制高校との違いを
わかりやすく解説!
入学前に確認しておきたい
通信制高校のメリットと注意点
何年で卒業できるの?
単位の取り方などをチェック

もっと知りたい!通信制高校

出願日程や試験内容について
受験生が気になる情報まとめ
転入と編入ってどう違うの?
それぞれの手続きの流れ
単位の引き継ぎについて
大学にはいけるの?
最新の卒業生のデータや
進路サポートについて
通信制高校とサポート校の違い
こんな人におすすめです!
通信制高校は
公立と私立でどう違うの?
サポートや学費について
高卒認定試験(大検)と
通信制高校はどっちがいい?

人気の学校をチェック

2017年 人気の学校はこれだ!
卒業率や登校日数もチェック
通信制高校の学費はいくら?
ランキングと一緒に
相場や補助金についても確認
人気の学校へおじゃまして
実際に授業を体験!
先生や在校生のリアルな声

通信制高校とは?

通信制高校とは、学校へ登校して授業を受けるのではなく、自宅での勉強を中心として高校卒業を目指す高校です。

授業に縛られる時間が少ないので、あまり学校に行くのが得意ではない方、高校を一度中退している方、すでに成人している社会人の方、スポーツ・留学・芸能など高校生のうちから学校よりも優先したい夢がある方、そんな皆さんに多く選ばれており人気はどんどん上がっています。

「通信制高校なんて初めて聞いたからまったくわからない...」そんな方のために、ちょっとだけここでご紹介します。

通信制高校とはどんな学校?

「通信制高校でも高卒資格が取れるの?」そんな疑問をたまに耳にしますが、もちろん全日制高校と同じ資格がちゃんと取れます。

そもそも高校には以下の3種類があります。

・全日制高校
・定時制高校
・通信制高校

最も登校スタイルに自由が利き、無理なく学習できるのが通信制高校です。

最近では全日制高校と通信制高校が併設しているケースも少なくありません。

学校に行かないでどうやって単位を取るの?

通信制高校では、ワークのような宿題を進める「レポート作成」が勉強の中心。

教科書などを見ながら期日までにレポートを制作し学校へ提出することが、授業を受ける代わりになります。

また、頻度は学校によって異なりますが、「スクーリング」と呼ばれる面接指導への参加も必要です。ここでは普段家ではできない実技授業や、社会科見学やボランティアの授業を受けることができます。

最も登校日数が少ない学校では、年間3~5日の登校だけで単位取得が可能です。

さらに年度末には試験が実施されます。通信制高校とはクラス分けなどを目的に生徒のレベルを見分ける場所ではないので内容はそう難しくはないですが、普段提出しているレポートをしっかり復習しておくことが大切です。

こんな人におすすめ

どんな人に通信制高校がおすすめなのでしょう。

いくつか当てはまっているならぜひ入学を検討してみてください。

学校に行く時間がない!

アスリートを目指して日々練習に励んでいる方、芸能活動に取り組んでいる方など、全日制高校へ入学しても学校へ毎日行く時間がない方も通信制高校でなら高校卒業を目指すことができます。

授業は基本的に平日が多いですが、平日働いている方のために土曜日に開校している学校もあります。既に社会人として働いている方や、子供がいる方でも通いやすいのが特徴です。

病気などの事情で毎日学校に通えない

身体が弱くて学校にあまり通えない、精神的な問題で毎日登校することができない、そんな方も通信制高校には多く在席しています。

全日制高校に入学できたとしても、休みがちになるとクラスに馴染めず辛い思いをすることも少なくないですよね。通信制なら登校日数がもともと少ないですし、同じような悩みを持った友人にも出会いやすいです。

不登校・いじめを経験した

社会問題にもなっている不登校やいじめの問題。こうした経験から学校が苦手になってしまう人が今たくさんいます。これも通信制高校の人気が上がっていっている理由の一つです。

通信制は全日制高校とは違い、自分のペースで学校へ行けるので、「ちゃんと学校へ行かなきゃ」と自分を責めたり追い込んだりせず、ゆっくり登校に慣れていくことができるんです。

さまざまな年齢層が教室にいることもあり、全日制よりもいじめが起きにくいともいわれています。

高校を中退したけどもう一度やり直して進学したい

多くの通信制高校では、転入・編入を随時受け入れています。以前在席していた高校で取得した単位を引き継ぐことができるので、これまでの経験を無駄にせず最短期間で卒業が目指せるのが特徴です。

成人になってから、大学進学を目指して編入をする方もいます。

授業に追いつけない・勉強が遅れがち

高校生になると、授業内容は中学校よりも格段に難しくなります。勉強に遅れが出てしまうとクラスに馴染めなくなるケースや、学校自体が嫌いになってしまうこともありますよね。

個別指導や少人数制授業も導入している通信制高校なら安心して通うことができます。

卒業までに必要な学費は?

全日制高校に比べて学費は安く、公立高校なら年間1万円ほど、私立高校でも年間30万円ほどで卒業ができます。

授業時間が少ないので、自由な時間を利用してアルバイトをしながら自分で学費を稼ぐ生徒も少なくありません。

高等学校等就学支援金などの国からの支援金も、全日制高校と同じように受給できます(支給金額は異なります)。

通信制高校の注意点とは

「通信制は学校に行かなくていいから全日制より簡単に卒業できる♪」

そんなふうに勘違いしてしまう人も少なくないのですが、実はこれは大きな間違いです。

登校日数が少ないということは、自宅で勉強しなくてはいけない量が増え、それをしっかり自分で管理しなければならないということ。宿題がたくさんある夏休みのような状況が常になるんです。

全日制高校なら新学期が始まれば授業に出なければならないので、最終日にはなんとしてでも終わらせようと頑張れます。しかし通信制ではそうした追い込みができません。自己管理がものすごく重要になります。

せっかく入学しても途中でリタイアしてしまうケースもあります。

サポート校とは?

最近ではこうした生徒のために、勉強面や精神面のサポートをしていく「サポート校」とのダブルスクール制度が各通信制高校で導入されています。

通信制高校よりもさらに小規模な塾のような場所なので、一人ひとりに対して手厚い対応をしてくれる場所が多いです。

自分の目標や状況に合わせて、通信制高校だけでなくサポート校への入学も検討してみるといいでしょう。

進む
人気の通信制高校を
無料で資料請求