教育ローンとしてカードローンを使うメリット・デメリット

電話での資料請求
5,221
476

4時間目:カードローンは教育ローンの代わりになるの?

教育ローン特集その4
通信制高校へ通うために教育ローンを利用したいけれど、
条件や審査が煩雑で厳しかったり、入金まで時間がかかったり…。
手間や時間をかけられない方も少なくないはず。

もっと手軽に、より早くローンを申し込みたい方は、
教育ローンの代わりにカードローンを利用するという選択肢があります。

カードローンを教育ローンの代用として利用することの利点・注意点をご説明します。

カードローンは最短即日入金で迅速です

教育ローンとカードローンを比較した際に、一番の利点と考えられるのは、なによりも申し込みから審査・入金までのその早さです。

カードローンの申し込み方法は、店頭やATM、インターネットなど様々です。その多くは、審査から融資・入金までを最短でその日の内に行うことができることを売りにしています。審査のみなら、最短1時間30分で行ってくれるカードローンもあるほどです。

「今すぐに通信制高校の入学金や下宿のためのお金を用意しなければいけない…!」
といった場合にも間に合わせることができる、いざという時に助かる借り入れ方法です。

資金用途が自由なカードローン

教育ローンの用途が就学・通学に関連した費用に限定されているのに対して、カードローンで借りたお金の用途はほぼ完全に自由です。
基本的に通信制高校の入学、通学に関わる出費は教育ローンの用途範囲内ですので、たいていの場合は充てることができます。しかし、中には判断の難しい、グレーゾーンな出費も出てくるでしょう。

例として、通信制高校への入学を機に一人暮らしをする場合を考えてみましょう。
引っ越しの代金、引っ越し先のアパートの敷金・礼金・家賃といった費用は、在学のために必要となる住居費用として、教育ローンの対象となります。
しかし、借りた部屋に置く冷蔵庫やテレビなどの家電製品は、住居費用として支払ってよいのか、簡単には判断できないところです。ちなみに、パソコンは一種の教材費のような扱いで、問題なく教育ローンを使うことができます。
いずれにしても、教育ローンで借りたお金を、この支払いに使っていいのかどうか、毎回判断する必要が生じてきます。

一方、カードローンから融資を受けた場合は、教育ローンのつもりで借りたとしても、本来の用途は定まっていないので、借り入れたお金の使用可否に悩まずに購入することができます。もちろん、本来の使い道を忘れずに、計画的に使うことを心がけましょう。

また、カードローンの場合は、その他の用途として不意の出費が生じた際にも、追加で借り入れができる点で利便性が高い、とも考えられます。
最高限度額も教育ローンと比べてカードローンの方が基本的に高いこともあり、教育ローンの代わりとして契約したカードローンでさらに融資を受けることは金額的にも可能でしょう。

「自由に使用できる」という意味をはき違えないように利用すれば、カードローンはとても使い勝手の良い借り入れ方法であるといえます。

カードローンは担保・保証人が不要

金融機関からお金を借りる上で気になるのは、担保や保証人・保証会社の必要性でしょう。
とくに、保証人についてはとてもデリケートな問題になりかねないため、気にしてしまうところです。

教育ローンにおいては、担保は要らないことがほとんどです。しかし、基本的に保証人あるいは保証会社による保証を必要とします。
保証会社に保証してもらう場合には、保証料がかかります。
この保証料は、借り入れ時に一括で支払う、すなわち実質的に融資金額から差し引かれる形か、返済日に分割して元金・利息とともに支払う形が一般的です。
どちらの場合も、多少なりとも負担が増えることになってしまうのです。

カードローンの場合は、担保が不要なことに加えて、保証人が不要、さらに保証料を別途加算されることもありません。
実際には、カードローンの会社が保証会社に払う保証料、もしくは会社自身が負担するリスクの分が、借り入れの際の利息に上乗せされているということなのですが、保証人が不要で、なんだかよくわからない手数料を後から上乗せされることがない、という点で手続きがしやすく、内訳もわかりやすいでしょう。

代用としても、追加の借り入れとしても使えるカードローン

このように、カードローンには教育ローンにない利点があります。
用途は制限されていないので、教育ローンの代わりとして十二分に利用できるでしょう。

一方で、理解しておかねばならないのは、カードローンは用途が自由である点、その審査が迅速で手続きも容易である点から、利息そのものは教育ローンよりも若干高めになってしまうことです。
条件によってかなりの幅がありますが、おおよそ3%から18%の金利がかかります。

この点については、限度額を高く設定することや、継続して利用することで低くしていくことができます。融資速度や思わぬ出費にも対応できることを考えると、金利が低いから教育ローンが最適だ、と一概に言い切ることはできません。

また、使い方としては、教育ローンとカードローンを併用するという選択肢もあります。
学費として絶対に必要になる分を教育ローンで借り入れて、その他に逐次必要になったお金をカードローンでサッと手早く借りる、というのもスマートな方法でしょう。

金利の安い教育ローンを利用する。迅速に借りて幅広く使えるカードローンを利用する。どちらの利点も生かして双方利用する。様々なプランのなかから、自分に合ったものをよく考えて、通信制高校のためのお金を借り入れましょう。

2016.04.18
通信制高校へ通うための資金として、様々な借り入れ、支給制度をあわせて使っていくことがおすすめです。なかでもカードローンは、メインとしてもサブとしても頼りになる借り入れ方法です。
学費無償化で東京の通信制高校は学費がタダになるかも?
私立高校も学費を無償化にすることを検討している東京都。もちろん通信制高校もその対象なので、今後費用が格段に安くなることが期待できます!一体どのくらいの金額になるのでしょうか。
通信制高校に通う5つの意味
通信制高校に通う意味があるのか不安なあなたへ。通うメリットと一緒に意味を説明します。
通信制高校とサポート校に通うメリットは何?
通信制サポート校に通うことで、通信制高校だけでは得られないメリットがたくさん得られます。サポート校の勉強面と精神面の支援をしっかりとしてもらいながら楽しい通信制高校ライフを過ごしましょう!
通信制高校に入学して後悔しない?
通信制高校に入学して後悔しない?そんな不安を抱えている方に学校がどんなところなのかを紹介します!
大人でも通える?大人が通いやすい通信制高校3選!
通信制高校って大人でも通えるのでしょうか?若い人に囲まれて不安にならない?今回はそんな大人のみなさんが通いやすい通信制高校を紹介します!
ルネサンス高校の特別授業に潜入! 在校生にもインタビュー
通信制高校の授業って想像がつかない人も多いはず。そんな皆さんのためにルネサンス高校で大人気の特別授業に潜入し、在校生へインタビューをしてきました!
イラストが上達するコツも伝授!ヒューマンキャンパスの体験授業
ヒューマンキャンパスのイラスト体験授業に参加してきました!絵が一気に上達するコツも教えてもらえて、授業や先生の雰囲気も知ることができる楽しい授業です。
ヒューマンキャンパスのアフレコ体験入学に行ってみた!
声優志望の人必見!ヒューマンキャンパスの体験入学に参加し、アフレコ授業を受けてきました!専門分野に強い通信制高校の授業が体感できます!
飛鳥未来高等学校「夢が見つかる」特別インタビュー
飛鳥未来高等学校は各種専門学校との連携が濃い通信制高校。きっと「あなたらしさ」が実現できること間違いない通信制高校です。学費や評判について先生に直接お話を聞きました!
第一回鹿島学園特別インタビュー
鹿島学園高等学校の秋葉原キャンパスにおじゃましてきました!
通信制高校のリアルな姿を知ることができます!